米自動車 多摩からのモータ日記

メルセデスベンツ ML350 W164 メンテナンス(AFS・アクティブライトシステム修理)

DSC00323.jpg
メルセデスベンツ ML350 W164 メンテナンス(AFS・アクティブライトシステム修理)になります。
DSC00301.jpg
ロービームプロジェクターコーナリング時のAFSアクチュエーターが故障の為、修理御依頼頂きました。
画像の様にアクチュエーターが故障し右側に目一杯寄ってしまっている状態。この状態ですと
光軸は勿論の事、保安基準を満たしませんので車検をパスすることも出来ません。

DSC00298.jpg
ヘッドライトはレンズを取外し、プロジェクターユニットを修理。
DSC00300.jpg
DSC00310.jpg
ユニット修理完了しプロジェクターも正常な位置に。
DSC00316.jpg
DSC00318.jpg
ヘッドライトレンズもシーリング完了。
DSC00399.jpg
光軸も右には寄らずOK。
DSC00401.jpg
ロービームにて調整。エーミング完了。OK。
DSC00409.jpg
アクティブライトシステム修理完了。またアクティブライトシステムはECUコーディングにて機能停止実行。
クライメートの+85℃は後日、整備にて納車完了させて頂きました。
この度も御依頼頂き誠にありがとうございました。

フォード マスタングGTカブリオレ 修理(AT整備・テール・ブレーキランプ故障)

DSC00245.jpg
フォード マスタングGTカブリオレ 修理(AT整備・テール・ブレーキランプ故障)になります。
DSC00235.jpg
ハイマウントストップランプのみの点灯でストップランプはすべてのランプで不灯の状態。
IMG_3194.jpg
IMG_3200.jpg
IMG_3197_20170606170517f9a.jpg
IMG_3201.jpg
原因①: ブレーキランプ/ストップスイッチ及びフロント・ジャンクションモジュールは正常を確認。
フロント・ジャンクションモジュールの各コネクタに水が侵入した痕跡が有り、こちらは端子部コンタクトクリーニング施工
及び防水加工にてOK。

IMG_3210.jpg
IMG_3211.jpg
原因②: 輸入時の国内保安基準適合時の改善作業にて各ハーネスに経年劣化と
端子部に異常箇所が有り、こちらも原因の一つ。ハーネス及び端子打ち替えにてストップランプは点灯し修理及び整備完了。

IMG_3213_201706061723349d8.jpg
IMG_3212.jpg
続いてAT整備へ。
IMG_3215.jpg
IMG_3216.jpg
IMG_3218.jpg
IMG_3228.jpg
IMG_3220.jpg
ATFやオイルパンマグネットもクラッチ摩耗粉により劣化している状態。
IMG_3222.jpg
IMG_3226.jpg
IMG_3227.jpg
IMG_3230.jpg
DSC00245.jpg
ATは規定温度確認し新油注入にて組上げ、整備完了。
テスト走行にて、スムーズ且つフィーリングも良好に。
今回のAT予防整備個所完了し、御依頼事項のブレーキ廻りも整備完了。
ストップランプ廻りも最終チェック完了し納車させて頂きました。
この度は御依頼頂き誠にありがとうございました。

フェラーリ348spider メンテナンス(エンジン整備・車検)

DSC00049.jpg
フェラーリ348spider メンテナンス(エンジン整備・車検)になります。
DSC00052.jpg
診断・点検へ。
DSC00129.jpg
F119エンジンV8/3.4ℓ各部チェック。
DSC00126.jpg
エアエレメントはクリーニング。タイミングベルト及びW/Pは交換へ。
DSC00132.jpg
DSC00146.jpg
エンジン冷却水及びエンジンオイルは交換。
DSC00134.jpg
DSC00133.jpg
DSC00139.jpg
点火系は良好。アンプも対策品に交換済。スパークプラグは清掃にてOK。
DSC00055.jpg
各部チェック・ブレーキホースは良好。
DSC00108.jpg
ブレーキフルードは交換必須。フルードチェッカーにて水分を含んでいる事を確認。交換へ。
DSC00110.jpg
ブレーキフルードは圧送交換にて。
DSC00109.jpg
ブレーキフルード交換前Befor↑/ブレーキフルード交換後After↓
DSC00125.jpg
DSC00122.jpg
DSC00115.jpg
ブレーキキャリパー及び各部クリーンアップ完了。
続いてサスペンション可動域/ブッシュ・ブーツ類の点検へ。
DSC00058.jpg
DSC00067.jpg
こちらは交換歴有。良好。
DSC00070.jpg
DSC00072.jpg
DSC00060.jpg
DSC00073.jpg
DSC00074.jpg
アッパーアーム/ロアアームラバーブッシュは交換要。
DSC00082.jpg
ロールバーブッシュ・スタビライザーブッシュ系統も交換。
DSC00089.jpg
サイレントブロック。インシュレーターからは液封が漏れており交換要。
DSC00095.jpg
ミッションアウトプットからハブまでのドライブ系統は良好。
DSC00150.jpg
DSC00147.jpg
バッテリーCCAチェック。良好OK。ターミナルはWURTHターミナルプロテクター施工。
DSC00151.jpg
DSC00152.jpg
光軸はハイビームにて調整、向き、光量共にエーミング後はOK。
DSC00014.jpg
車検整備及び、各箇所整備完了し、テスト走行へ。
各機関良好を確認、車検ラインも無事クリアし整備作業完了させて頂きました。
この度も御依頼頂き誠にありがとうございました。

ポルシェ カイエンS 9PA 車検整備(エンジン・ATバルブボディ交換・各整備)②

ポルシェ カイエンS 9PA 車検整備(エンジン・ATバルブボディ交換・各整備)②になります。
DSC00252.jpg
エンジン整備へ。クーラントパイプが対策品に交換されておらず、お預かりしている間に
樹脂部に亀裂が入り、エンジン冷却水が漏れるというトラブルが発生。オーナー様に御連絡し対策品へ交換。

IMG_3282.jpg
IMG_3273.jpg
IMG_3276.jpg
Vバンクセンターに配置されたクーラントパイプは熱による経年劣化で裂けている状態。
IMG_3275.jpg
右側が対策品のアルミ製クーラントパイプ。配策場所がVバンク下部の為
当社では4本あるクーラントパイプを全数対策品へ交換をお薦めしています。

IMG_3277.jpg
IMG_3281.jpg
クーラントパイプは各シール類も交換し整備完了。続いて他、各整備へ。
IMG_3310.jpg
IMG_3311.jpg
スパークプラグは経年・状態により全数交換。イグニッションコイルはスパークタイム等数値は正常範囲にて良好。
IMG_3285.jpg
IMG_3286.jpg
エアエレメントは経年により交換。
IMG_3287.jpg
PCVは良好・エンジンオイルエレメント及び油脂類交換完了。
IMG_3314.jpg
リアゲートダンパーはリアゲートが下がってきてしまうとの事で交換。
IMG_3317.jpg
IMG_3319.jpg
シガーソケットは導通不良が頻発するとの事で対策品へ交換。
DSC00253.jpg
並行車両でロービームは右側通行車両の為、基本ヘッドライトを左側通行用に
ASSY交換しなければカットラインが逆の為、保安基準をクリア出来ず、車検は通せません。

DSC00255.jpg
DSC00256.jpg
DSC00258.jpg
当社ではカットラインを左通行用に加工施工が可能な為、改善にて無事車検を取得。OK。
DSC00252.jpg
車検整備及び、各箇所整備完了し、テスト走行へ。
AT及びエンジン関係の各機関良好を確認、
ポルシェ専用診断機にてデータモニター及びフォルトチェックOK。
車検整備完了させて頂きました。
この度は御依頼頂き誠にありがとうございました。

ポルシェ カイエンS 9PA 車検整備(エンジン・ATバルブボディ交換・各整備)①

ポルシェ カイエンS 9PA 車検整備(エンジン・ATバルブボディ交換・各整備)になります。
IMG_7279.jpg
AT変速ショックが有り、こちらの修理御依頼と車検を御依頼頂きました。
IMG_3300.jpg
AT変速ショックは診断の結果、ATバルブボディ不良によるものと判明し
リビルトATバルブボディへ交換。

IMG_3301.jpg
新・旧バルブボディ。
IMG_3296.jpg
新・旧ATFフィルタ。
IMG_3298.jpg
IMG_3297.jpg
IMG_3299.jpg
IMG_3300.jpg
IMG_3304.jpg
ATFエレメント・廃油ATF共に汚れがかなり蓄積されている状態。
IMG_3303.jpg
ATは組付後、各調整しポルシェ専用診断機にてデータ確認及びテスト走行にて整備完了。OK。
②へ続く。


前のページ 次のページ

FC2Ad