米自動車 多摩からのモータ日記

BMW 740i F01 メンテナンス(エンジン整備・電装システム整備)

BMW 740i F01 メンテナンス(エンジン整備・電装システム整備)になります。
DSC02569.jpg
DSC02571.jpg
DSC02572.jpg
高速道路を走行中、警告灯及び異常メッセージ点灯にて当社、積載車にてレッカー搬送入庫。
DSC02577.jpg
BMW診断機にて各システム点検。
DSC02576.jpg
オルタネーターがダウンし残りはバッテリーの電力で走行。VARTAは良くもってくれました。
バッテリーは充電にて再使用OK。

DSC02594.jpg
_180310_0014
DSC02596.jpg
オルタネーター交換にて各箇所点検しオイル漏れ箇所も修理へ。
DSC02609.jpg
エアコンライン取り外しの為、A/C冷媒をTEXA780Rにて回収。
DSC02623.jpg
スラストバイパスバルブは良好、OK。
DSC02627.jpg
こちらのオイル漏れは修理。
DSC02633.jpg
DSC02635.jpg
DSC02637.jpg
各箇所清掃、オイルシール当たり面も調整しながら組付。
DSC02644.jpg
DSC02639.jpg
DSC02638.jpg
補機ベルト・各プーリ・テンショナー・オルタネーター交換し各箇所組付へ。トルク管理は重要です。
DSC02648.jpg
身嗜みと同じように整備において綺麗に仕事をしてゆく事も当社の理念のひとつです。
DSC02619.jpg
DSC02659.jpg
DSC02660.jpg
DSC02661.jpg
DSC02664.jpg
各状態を清掃しながら確認し組付へ。
DSC02680.jpg
DSC02687.jpg
A/C冷媒サイクル:TEXA780RにてA/Cサイクルメンテナンス/不純物除去/冷媒規定量充填/オイル規定量充填。
DSC02684.jpg
DSC02694.jpg
エンジン始動し各箇所テスト&点検。
DSC02689.jpg
テスト走行にて、整備後の良好を確認。納車完了させて頂きました。
オーナー様は、とても大事にされてきた1台ですので今回整備に携われて感謝しております。
今後ともよろしくお願い致します。
この度は、御依頼頂き誠にありがとうございました。



ASTONMARTIN DB9 メンテナンス(セキュリティアラームエラー・電装整備)

ASTONMARTIN DB9 メンテナンス(セキュリティアラームエラー・電装整備)になります。
DSC02455.jpg
駐車中にセキュリティが誤作動し、セキュリティアラームが発報してしまう状態。
DSC01869.jpg
アストンマーティン純正テスターにて点検し、故障個所判明。
DSC01867.jpg
故障箇所修理後は誤発報も無く、修理完了させて頂きました。
この度は御依頼頂き誠にありがとうございました。

ルノ- カングー エンジン整備(タイミングベルト/W・P交換)

ルノ- カングー エンジン整備(タイミングベルト/W・P交換)になります。
DSC01360.jpg
タイミングベルト及びW・Pの定期交換メンテナンスで御依頼頂きました。
DSC02076.jpg
DSC02078.jpg
当社指定のSSTを使用し、交換作業へ。
DSC02172.jpg
DSC02177.jpg
やはり、現車装着のタイミングベルトは交換時期。
DSC02175.jpg
ウォーターポンプ及びテンショナ・プーリ等、新旧各部品。
DSC02081.jpg
DSC02084.jpg
#1TOP、上死点確認し、クランク及びINカム.EXカム位置関係等、各項目確認し組付け完了。
DSC02180.jpg
イグニッションコイルのハーネス保護のコルゲートが熱で崩れていましたので交換。
各種整備完了。テスト走行も問題無く、エンジンフィーリングも良好に。お客様の元へ納車させて頂きました。
この度は御依頼頂き誠にありがとうございました。

ASTONMARTIN V8 VANTAGE 車検整備(24ヶ月点検・エンジン整備・クラッチ交換整備)

ASTONMARTIN V8 VANTAGE 車検整備(24ヶ月点検・エンジン整備・クラッチ交換整備)になります。
DSC02450.jpg
クラッチの滑りがトルクが掛かると発生してしまう状態。
点検にて状態を確認し、クラッチ及びフライホイール各部品交換へ。

DSC02245.jpg
DSC02248.jpg
DSC02253.jpg
DSC02255.jpg
DSC02257.jpg
DSC02256.jpg
DSC02258.jpg
各状態を確認、やはりフライホイールは焼きが進んでおり、
クラッチプレートはフェースの摩耗が進みパイロットと共に交換要。

DSC02259.jpg
新旧各部品↑↓。
DSC02260.jpg
DSC02265.jpg
DSC02281.jpg
トルクチューブ・M/T組付完了。
DSC02282.jpg
M/T FLUIDも交換にて。排出↑新油↓。
DSC02283.jpg
DSC02285.jpg
続いて車検メンテナンス、各整備へ。
DSC02295.jpg
光軸調整はロービームにてエーミング。
DSC02236.jpg
DSC02241.jpg
足廻りはフルード交換及びハブグリスアップ、各メンテナンスにて。
DSC02237.jpg
DSC02243.jpg
DSC02244.jpg
ホイールはインナークリーニング実施、足元を綺麗にすると気持ちが良いものですね。
DSC02446.jpg
DSC02445.jpg
タイヤはクラッチ交換によりV84.3ℓエンジンパワーを受けとめる為、
また摩耗限度にて1台分交換。WECでアストンマーティンレーシングにサポートしていた定評のあるDUNLOPをチョイス。
グレードブランドは SP SPORT MAXXをチョイス致しました。

DSC02286_2018022021483731c.jpg
各整備完了。アストンマーティン純正テスターにて
エンジンキャリブレーション施工/不具合のジャダーも解消、テスト走行においてスムーズなクラッチミートを確認。
車検ラインも無事クリアし車検点検整備完了させて頂きました。
この度は、御依頼頂き誠にありがとうございました。

ポルシェ カイエン GTS メンテナンス(サスペンション整備)

ポルシェ カイエン GTS 9PA メンテナンス(サスペンション整備)になります。
DSC01394.jpg
走行中路面からの突き上げが大きくサスペンションは
純正では無く車高調が組み込まれている為、純正サスへ戻します。

DSC02380.jpg
DSC02378.jpg
車高調は純正アッパーマウントを使用するタイプ。
アッパーマウントを外し、ピストンロットを沈ませるとやはり減衰は無く、抜けている状態。

DSC02383_20180223182402829.jpg
DSC02385_201802231824005df.jpg
DSC02383.jpg
DSC02379.jpg
純正へ組戻し完了しロードテストにて問題が無い事を確認、
PIWISにてPASM点検し作業完了させて頂きました。
この度は御依頼頂き誠にありがとうございました。
前のページ 次のページ

FC2Ad