FC2ブログ

米自動車 多摩からのモータ日記

ABARTH 595 COMPETIZIONE 車検(24ヶ月点検・エンジン整備)

アバルト 595 コンペティツォーネ 車検(エンジン整備・デュアロジック整備)になります。
DSC02634.jpg
DSC02652.jpg
診断機にて各コンピュータを点検しながら実装部品の点検へ。
DSC02645.jpg
DSC02651.jpg
バッテリーは良好、充電にてOK。
DSC02653.jpg
エアエレメント、清掃にてOK。
DSC02698.jpg
DSC02660_20180403063935e1d.jpg
DSC02657.jpg
DSC02659_20180403063934aa3.jpg
DSC02691.jpg
イグニッションコイルは全気筒良好。スパークプラグは清掃にて。
DSC02693.jpg
DSC02722.jpg
WRUTHエンジンオイルトリートメントにてスラッジクリーニング&各オイルギャラリー、燃焼室、ライナー等トリートメント効果にて。
DSC02704.jpg
エンジン冷却水LLCは消泡性能維持の為、WAKO'Sクーラントブースタ添加にて。
DSC02648_20180403062802d0d.jpg
DSC02650.jpg
DSC02711.jpg
ブレーキフルードは圧送交換にて。車検/毎交換必須の項目ですが
フルードテスターにてやはり吸湿有りの結果に。↓は交換後。ブレーキタッチ等フィーリングは良好になりますが
やはり、吸湿したフルードはベーパーロックの原因になるので車検/毎交換必須です。

DSC02716.jpg
DSC02773.jpg
DSC02778.jpg
DSC02777.jpg
DSC02772.jpg
DSC02779.jpg
海が近い場所に駐車されている為、塩害にて錆が発生している状態。
ウルト錆転換剤にて赤錆 (酸化鉄) に直接塗布し、黒錆 (不溶剤金属有機化合物)に転換し、
錆にしっかり浸透する為、錆の奥深くまで行きわたり、黒錆に転換させたのち、シャシブラック塗布。錆の進行を止めます。
DSC02634.jpg
他、各整備完了。テスト走行にて、車検整備後の良好を確認。
オーナー様も整備後のとても良好な状態のフィーリングにとてもお喜び頂きました。
この度も、御依頼頂き誠にありがとうございました。

ASTONMARTIN V8 VANTAGE S メンテナンス (BCMキャリブレーション)

ASTONMARTIN V8 VANTAGE S メンテナンス (BCMキャリブレーション)になります。
DSC02675.jpg
量販店にてバッテリー交換後に、トップが開かなくなりミラーの開閉もキーレス連動しなくなったという事で御依頼頂きました。DSC02669.jpg
DSC02672.jpg
DSC02677.jpg
DSC02679.jpg
アストンマーティン純正テスターにてBCM内の各項目キャリブレーションにて機能は元通りに。
ミラーの開閉及び、ルーフも無事開くようになりました。この度は御依頼頂き誠にありがとうございました。

BMW 740i F01 メンテナンス(エンジン整備・電装システム整備)

BMW 740i F01 メンテナンス(エンジン整備・電装システム整備)になります。
DSC02569.jpg
DSC02571.jpg
DSC02572.jpg
高速道路を走行中、警告灯及び異常メッセージ点灯にて当社、積載車にてレッカー搬送入庫。
DSC02577.jpg
BMW診断機にて各システム点検。
DSC02576.jpg
オルタネーターがダウンし残りはバッテリーの電力で走行。VARTAは良くもってくれました。
バッテリーは充電にて再使用OK。

DSC02594.jpg
_180310_0014
DSC02596.jpg
オルタネーター交換にて各箇所点検しオイル漏れ箇所も修理へ。
DSC02609.jpg
エアコンライン取り外しの為、A/C冷媒をTEXA780Rにて回収。
DSC02623.jpg
スラストバイパスバルブは良好、OK。
DSC02627.jpg
こちらのオイル漏れは修理。
DSC02633.jpg
DSC02635.jpg
DSC02637.jpg
各箇所清掃、オイルシール当たり面も調整しながら組付。
DSC02644.jpg
DSC02639.jpg
DSC02638.jpg
補機ベルト・各プーリ・テンショナー・オルタネーター交換し各箇所組付へ。トルク管理は重要です。
DSC02648.jpg
身嗜みと同じように整備において綺麗に仕事をしてゆく事も当社の理念のひとつです。
DSC02619.jpg
DSC02659.jpg
DSC02660.jpg
DSC02661.jpg
DSC02664.jpg
各状態を清掃しながら確認し組付へ。
DSC02680.jpg
DSC02687.jpg
A/C冷媒サイクル:TEXA780RにてA/Cサイクルメンテナンス/不純物除去/冷媒規定量充填/オイル規定量充填。
DSC02684.jpg
DSC02694.jpg
エンジン始動し各箇所テスト&点検。
DSC02689.jpg
テスト走行にて、整備後の良好を確認。納車完了させて頂きました。
オーナー様は、とても大事にされてきた1台ですので今回整備に携われて感謝しております。
今後ともよろしくお願い致します。
この度は、御依頼頂き誠にありがとうございました。



ASTONMARTIN DB9 メンテナンス(セキュリティアラームエラー・電装整備)

ASTONMARTIN DB9 メンテナンス(セキュリティアラームエラー・電装整備)になります。
DSC02455.jpg
駐車中にセキュリティが誤作動し、セキュリティアラームが発報してしまう状態。
DSC01869.jpg
アストンマーティン純正テスターにて点検し、故障個所判明。
DSC01867.jpg
故障箇所修理後は誤発報も無く、修理完了させて頂きました。
この度は御依頼頂き誠にありがとうございました。

ルノ- カングー エンジン整備(タイミングベルト/W・P交換)

ルノ- カングー エンジン整備(タイミングベルト/W・P交換)になります。
DSC01360.jpg
タイミングベルト及びW・Pの定期交換メンテナンスで御依頼頂きました。
DSC02076.jpg
DSC02078.jpg
当社指定のSSTを使用し、交換作業へ。
DSC02172.jpg
DSC02177.jpg
やはり、現車装着のタイミングベルトは交換時期。
DSC02175.jpg
ウォーターポンプ及びテンショナ・プーリ等、新旧各部品。
DSC02081.jpg
DSC02084.jpg
#1TOP、上死点確認し、クランク及びINカム.EXカム位置関係等、各項目確認し組付け完了。
DSC02180.jpg
イグニッションコイルのハーネス保護のコルゲートが熱で崩れていましたので交換。
各種整備完了。テスト走行も問題無く、エンジンフィーリングも良好に。お客様の元へ納車させて頂きました。
この度は御依頼頂き誠にありがとうございました。
前のページ 次のページ

FC2Ad