米自動車 多摩からのモータ日記

ABARTH 595 COMPETIZIONE 車検(24ヶ月点検・エンジン整備)

アバルト 595 コンペティツォーネ 車検(エンジン整備・デュアロジック整備)になります。
DSC02634.jpg
DSC02652.jpg
診断機にて各コンピュータを点検しながら実装部品の点検へ。
DSC02645.jpg
DSC02651.jpg
バッテリーは良好、充電にてOK。
DSC02653.jpg
エアエレメント、清掃にてOK。
DSC02698.jpg
DSC02660_20180403063935e1d.jpg
DSC02657.jpg
DSC02659_20180403063934aa3.jpg
DSC02691.jpg
イグニッションコイルは全気筒良好。スパークプラグは清掃にて。
DSC02693.jpg
DSC02722.jpg
WRUTHエンジンオイルトリートメントにてスラッジクリーニング&各オイルギャラリー、燃焼室、ライナー等トリートメント効果にて。
DSC02704.jpg
エンジン冷却水LLCは消泡性能維持の為、WAKO'Sクーラントブースタ添加にて。
DSC02648_20180403062802d0d.jpg
DSC02650.jpg
DSC02711.jpg
ブレーキフルードは圧送交換にて。車検/毎交換必須の項目ですが
フルードテスターにてやはり吸湿有りの結果に。↓は交換後。ブレーキタッチ等フィーリングは良好になりますが
やはり、吸湿したフルードはベーパーロックの原因になるので車検/毎交換必須です。

DSC02716.jpg
DSC02773.jpg
DSC02778.jpg
DSC02777.jpg
DSC02772.jpg
DSC02779.jpg
海が近い場所に駐車されている為、塩害にて錆が発生している状態。
ウルト錆転換剤にて赤錆 (酸化鉄) に直接塗布し、黒錆 (不溶剤金属有機化合物)に転換し、
錆にしっかり浸透する為、錆の奥深くまで行きわたり、黒錆に転換させたのち、シャシブラック塗布。錆の進行を止めます。
DSC02634.jpg
他、各整備完了。テスト走行にて、車検整備後の良好を確認。
オーナー様も整備後のとても良好な状態のフィーリングにとてもお喜び頂きました。
この度も、御依頼頂き誠にありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad