米自動車 多摩からのモータ日記

メルセデスベンツ S400HYBRYD AMG W221 メンテナンス(ハイブリッドシステム修理)

メルセデスベンツ S400HYBRYD AMG W221 メンテナンス(ハイブリッドシステム修理)になります。
IMG_0095.jpg
ハイブリッドシステムが正常に作動せず、エアコンも全く効かないとの事で修理御依頼頂きました。
IMG_0082.jpg
テスターにて点検しSG-EM及びDC-DCコンバーターのハイブリッドシステムのエラーを確認。
電圧値も170Vまで昇圧し、各部点検の結果、パワーコントロールユニット内部の故障と判明。
ハイブリッドシステムパワーコントロールユニットは高額ですが、御連絡し修理御依頼を受け作業へ。。

IMG_1900.jpg
IMG_0083.jpg
ハイブリッドシステムパワーコントロールユニットは
ブロック側面に取付られているのでマフラーや触媒など各部品を外していきます。

IMG_1909.jpg
ユニット内部故障の為、テスター上にて高電圧解除作動が不可能の為、ゴニョゴニョくるくるポンにて
無事、高電圧解除、切り離しに成功。この作業が出来ないと、高電圧に感電した場合は死亡してしまうリスクがあります。

IMG_0081.jpg
IMG_1923.jpg
ハイブリッドシステムパワーコントロールユニットはマニホールド下部にあり、
インシュレーター装着ととLLCにより冷却されている。

IMG_0039.jpg
IMG_0035.jpg
IMG_0034.jpg
新/旧ユニット。新品ユニットを取付へ。
IMG_0061.jpg
IMG_0063.jpg
IMG_0064.jpg
高電圧ケーブルの配策も確実に実施。
IMG_0081_20160730160943571.jpg
IMG_0079.jpg
ユニット取付後、プログラミング実施。無事完了し、ユニット適合、認識OK及びエラー無し。
IMG_0087.jpg
エンジンクリーニング実施。
IMG_0100.jpg
動作不動だったエアコンも無事作動。TEXA780Rにてエアコンサイクル再構築し3.8℃まで冷える様に。
IMG_1946.jpg
高電圧解除後は、ハイブリッドシステムも問題なく作動。
IMG_0088.jpg
IMG_0095.jpg
作業完了後、テスト走行実施し各箇所問題無い事を確認。
故障個所の特定/難度が高く、高額修理案件でしたが無事、修理完了させて頂きました。
この度も御依頼頂き誠にありがとうございました。
スポンサーサイト

メルセデスベンツ E250AVGAMG W212 メンテナンス(足廻り修理/コントロールアームブッシュ)

メルセデスベンツ E250AVGAMG W212 メンテナンス(足廻り修理/コントロールアームブッシュ)になります。
IMG_1786.jpg
ハンドリングに違和感があり、ステアリングインフォメーションに心配な部分があるとの事で御依頼頂きました。
IMG_1784.jpg
早速、実走行も兼ねて点検へ。アライメントも点検し、規定値に入っていることを確認。
626990_n.jpg
原因はコントロールアームのブッシュと判明し、右側が交換対象ですが、バランス考慮し左右同時交換。
IMG_1777.jpg
IMG_1775.jpg
28774_n.jpg
IMG_1783.jpg
IMG_1771.jpg
IMG_1780.jpg
交換完了し、アライメント調整にてテスト走行へ。再度アライメント点検し
症状も改善し、作業完了させて頂きました。

IMG_1786.jpg
年式から走行距離が多い車両でしたが症状が改善され、オーナー様にも喜んでいただきました。
この度は御依頼頂き誠にありがとうございました。

フェラーリ F348スパイダー メンテナンス(コンディションチェック・エンジン整備)

フェラーリ F348スパイダー メンテナンス(コンディションチェック・エンジン整備)になります。
IMG_1604.jpg
IMG_0486.jpg
エンジンオイルラインのホース類が経年により亀裂が発生しオイル漏れが出てきている状態。
CIMG1490.jpg
各機関/コンディションチェックと共に交換作業へ。
CIMG1498.jpg
CIMG1497.jpg
CIMG1505.jpg
CIMG1507.jpg
交換部品は耐熱への対策品として仕様変更がされている部品。
IMG_1609.jpg
CIMG1519.jpg
CIMG1520.jpg
IMG_1610.jpg
IMG_1611.jpg
CIMG1513_20160713003730a26.jpg
IMG_1612.jpg
CIMG1515.jpg
CIMG1511.jpg
CIMG1512.jpg
ベンチレーション脱着により、各箇所も点検。
CIMG1516.jpg
エンジン廻りはコンディションチェック及び整備完了。オーナー様へ報告。
IMG_1638.jpg
CIMG1517.jpg
A/Cシステムを点検させて頂き、整備箇所のご案内をオーナー様に御連絡。既に交換された箇所も説明。
IMG_1604.jpg
整備完了後各機関の状態を確認。
現在の車両の状態から今後の整備予定をスケジューリングさせて頂きました。
この度は作業御依頼頂き、誠にありがとうございました。

ポルシェ 986Boxster S メンテナンス(24ヶ月点検・エンジン整備)

ポルシェ 986Boxster S メンテナンス(24ヶ月点検・エンジン整備)になります。
IMG_1543.jpg
IMG_1516.jpg
ポルシェ専用診断機と合わせて点検実施へ。
エンジンはリビルトエンジン搭載後の整備になりますが大きい修理事項は無し。

CIMG1386.jpg
エアエレメントは交換へ。
CIMG1390.jpg
CIMG1392.jpg
CIMG1393.jpg
CIMG1396.jpg
CIMG1399.jpg
フィルターハウジングも清掃。こういったところも大事だと思います。
CIMG1394.jpg
今回、エンジンオイルはリキモリHC-7 5W/40を使用。
CIMG1382.jpg
バッテリーは良好でターミナル共にOK。
CIMG1383.jpg
タイヤは亀裂有の為、お客様へ報告。
CIMG1387.jpg
CIMG1389.jpg
CIMG1421.jpg
ブレーキフルードはATEフルードにて圧送交換。フルードは車検/毎に交換し
フルードの健全性を保つ事を当社ではお客様にご説明しております。ブレーキタッチ/フィーリングもしっかりし向上します。

CIMG1413.jpg
CIMG1411.jpg
CIMG1412.jpg
こちらはお客様と相談し本国オーダーの準備へ。
CIMG1447.jpgCIMG1448.jpg
光軸はロービームにて調整(画像はハイビーム測定時)。
CIMG1444.jpg
CIMG1446.jpg
CIMG1449.jpg
CIMG1451.jpg
A/C冷媒サイクルはTEXA780Rにてサイクルメンテナンス/不純物除去/冷媒規定量充填/オイル規定量充填。
規定量より330グラム程冷媒不足。メンテナンス後は4.9度まで冷風が出るようなり真夏の炎天下でも
A/C冷媒サイクルの健全化により、しっかりと効いてくれます。当社のエアコンメンテナンスは冷媒量やオイル量も把握する事が出来、従来のゲージ圧力による充填とは異なり、正確に状態を把握し、メンテナンスを施工する事が出来ます。

CIMG1456.jpg
ヘッドライトクリーニングはレンズ黄ばみを取りハードコートを再施工。
IMG_1541.jpg
IMG_1543.jpg
他・整備事項も完了。車検ラインも無事クリアし、24ヶ月点検整備完了させて頂きました。
この度は御依頼頂き、誠にありがとうございました。

メルセデスベンツ E320AVG W211 メンテナンス(SBCメンテナンス・ブレーキ整備)

メルセデスベンツ E320AVG W211 メンテナンス(SBCメンテナンス・ブレーキ整備)になります。
IMG_1527.jpg
ブレーキホース/1台分・リアブレーキパッド・SBCフルード交換を御依頼頂きました。
早速、SBC解除作業モードへ。

IMG_1517.jpg
CIMG1422.jpg
CIMG1423.jpg
CIMG1425.jpg
ブレーキパットはATEセラミックをチョイス。
CIMG1434.jpg
CIMG1441.jpg
各部品を交換。ブレーキホースは状態から交換時期でした。
他の箇所も問題がある箇所及びメルセデスベンツ専用診断機にて点検しオーナー様へ御連絡。

CIMG1442.jpg
CIMG1430.jpg
作業完了しSBCシステム作動復帰し各油圧に異常のない事を確認。
IMG_1527.jpg
テスト走行にて問題無い事を確認し、納めさせていただきました。
この度は御依頼いただき誠にありがとうございました。

☆今日の俺☆
野菜味噌は美味しい。フィレオフィッシュは食べたいけど今週は釣行なのでガマン。
つくばエクスプレスが近所まで来てくれれば、会合に参加できるのにと思う今日この頃(笑

メルセデスベンツ S55L AMG W220 メンテナンス(SRSエアバック修理・フォグ故障)

メルセデスベンツ S55L AMG W220 メンテナンス(SRSエアバック修理・フォグ故障)になります。
CIMG1325.jpg
CIMG1326.jpg
警告灯点灯との事でメルセデスベンツ専用診断機にて診断し、実装部品の点検も実施。
補足ですが現在、SRSやエアバック関連の警告灯が点灯している場合は車検をクリアする事はできません。
万が一の事故の際にも、身体に受ける衝撃も雲泥の差がありますので点検・修理を受けられる事をお勧めしております。

IMG_1494.jpg
CIMG1336.jpg
CIMG1337.jpg
CIMG1340.jpg
CIMG1339.jpg
CIMG1343.jpg
IMG_1507.jpg
SRS故障部品の該当箇所判明し、該当部品を交換。他、システムは正常を確認しSRSは修理完了。
IMG_1492.jpg
続いてフロントフォグライト故障の為、こちらを修理へ。
IMG_1491.jpg
CIMG1349.jpg
CIMG1347.jpg
CIMG1350.jpg
左右ヘッドライト共にシールリングも交換。
CIMG1359.jpg
CIMG1355.jpg
フォグHIDはスフィアライト製へ変更。他所で組んだ配線・配策も見直し。
CIMG1371.jpg
CIMG1373.jpg
CIMG1372.jpg
ヘッドライト脱着の為、光軸は改めて調整実施。
IMG_1505.jpg
光軸調整完了し、再度メルセデスベンツ専用診断機にて、点検実施し、
テスト走行にて問題無い事を確認。納めさせていただきました。
この度は御依頼いただき誠にありがとうございました。

FC2Ad