米自動車 多摩からのモータ日記

三菱ふそうキャンター・エンジン整備(サプライポンプ・ウォーターポンプ修理)入庫

三菱ふそうキャンター・エンジン整備(サプライポンプ・ウォーターポンプ修理)入庫になります。

CIMG0889.jpg
FullSizeRender1.jpg
FullSizeRender3.jpg

エンジン吹け上がらなく、走行不能という事で修理依頼いただきました。オーバーヒートや他の懸念もあるので
引き取りに行くことに。やはり、現状思い描くとうりの状態。ダイアグもレール圧異常等サプライポンプ系のエラー有。
ただウォーターポンプは予想外でした。複合的要因。



CIMG0828.jpg
CIMG0833.jpg
CIMG0835.jpg
CIMG0836.jpg

状態を把握しながらエンジン各部品外して行きます。定期点検は未実施の為
、また車検も他工場実施。状態良くなく、交換部品を選定して行く。



CIMG0841.jpg
CIMG0845.jpg
CIMG0847.jpg
CIMG0849.jpg
CIMG0851.jpg

ウォーターポンプはポンプ不良によりキャビテーションが原因クーラントにはガス無。
シリンダヘッド・ヘッドガスケットの損傷なしでホッとしました。
サプライポンプはレール圧安定せずリビルトポンプへ交換確定。MPROPセンサおよびコネクタには電気的要因無し。



CIMG0852.jpg
CIMG0854.jpg
CIMG0856.jpg
CIMG0857.jpg

リビルトへ換装する為、ハウジング・ギアを組換え、バックラッシュ点検。


CIMG0872.jpg
CIMG0865.jpg
CIMG0867.jpg
CIMG0868.jpg
IMG_8400.jpg
IMG_8403.jpg

各組付完了しエンジン始動各漏れチェック完了。後はテスト走行にてデータモニターで各実測値確認。


IMG_8407.jpg
IMG_8427.jpg
IMG_8435.jpg
IMG_8433.jpg
IMG_8427.jpg
CIMG0882.jpg


実測値確認し、無事修理完了。燃料ポンプと水ポンプの複合的要因でしたが
クーラントリザーブには水が入っていたので、定期点検で入庫のお約束をして納車せていただきました。
定期点検を怠ると防げる故障も防げず必要な時に車が使えないばかりか、安全に運行出来ず
事故の要因となる場合もあります。フロントガラスの左上の丸いステッカーに点検期日がありますので
期日までに受けられることをお勧め致します。この度は御依頼頂きありがとうございました。


スポンサーサイト

フォード エスケープV6 定期点検整備(12ヶ月点検・エンジン整備・A/Cメンテナンス)

フォード エスケープ 定期点検入庫になります。

IMG_8119.jpg

メニューですがメインはエンジンヘッド廻り/オイルパンオイル漏れ修理と電装系消耗品交換になります。

CIMG0697.jpg

作業前のエンジンルーム画像。取り掛かり。


CIMG0719.jpg
CIMG0723.jpg
CIMG0724.jpg
CIMG0756.jpg
CIMG0755.jpg

V6エンジンの為、作業性を鑑みて、A/Cライン切り離しての作業になる為、まずは冷媒回収して
ヘッドカバーパッキン等交換。



CIMG0758.jpg
CIMG0763.jpg
CIMG0762.jpg
CIMG0768.jpg
CIMG0760.jpg
CIMG0771.jpg

コツコツと作業していると


ファンキフライデー

部品屋さんのI氏来訪。金曜日だったので小林克也先生のファンキフライデーネタで盛り上がる。
いつも色々ありがとうございます。



CIMG0736.jpg
CIMG0738.jpg
CIMG0740.jpg

プラグホールにもオイル侵入有、プラグコロナ痕も見受けられる。交換必須。IGコイルも全交換。


CIMG0779.jpg

エアエレメントも勿論交換。


CIMG0795.jpg
CIMG0801.jpg
CIMG0807.jpg
CIMG0802.jpg
CIMG0809.jpg
CIMG0814.jpg
CIMG0820.jpg

ENGオイルパンよりO/L有の為、こちらも脱着しオイルパン内部セパレーター等、異常が無い事も確認し
スラッジクリーニング施工し、オイルパン組付。


CIMG0745.jpg
CIMG0747.jpg
CIMG0744.jpg

一連の作業の中でオイルレベルゲージガイドのボルトをケースから外す作業には
あまりにも空間が無かったので、久しぶりに萌えたかな (笑



CIMG0824.jpg
CIMG0825.jpg
CIMG0826.jpg

組付及びA/C冷媒&A/Cオイル充填完了後、診断機にてライブデーター確認後、テスト走行し
定期点検及び整備完了。御依頼頂き誠にありがとうございました。








BMW X5 3.0si E70 AT修理入庫

BMW X5 3.0si E70 AT修理入庫になります。

CIMG0612.jpg

変速ショック過大・AT警告灯点灯・ギアが変速せずスピードでないとの事で修理依頼をいただきました。
入庫後点検していくとATオイルパンよりオイル漏れ、診断機の情報もAT内部のフォルトコードが複数入っており



CIMG0611.jpg

ATF油量低下によりATF油温上昇しフェイルセーフに入っている状態でした。もう少し入庫が遅ければ
AT内部クラッチ等、焼付きの懸念がありました。



CIMG0614.jpg
CIMG0612.jpg
CIMG0619.jpg

バルブボディ及びソレノイド点検し、ATF・ATオイルパン・コンタクトスリーブ等交換し診断機及び走行テストし問題なく
走行出来る事を確認し修理完了。



CIMG0620.jpg

この度は修理御依頼頂き誠にありがとうございました。

ボルボV40 車検整備(24ヶ月点検・エアバック・足廻り整備)

ボルボV40 車検整備(24ヶ月点検)入庫になります。

CIMG0479.jpg

お預かり後、点検を進めていくとエアバック警告灯も点灯しており、足廻りに整備必要箇所が有り、


CIMG0464.jpg
CIMG0465.jpg
CIMG0468.jpg
CIMG0469.jpg
CIMG0474.jpg

足廻りはタイロッドエンドブーツ破損・スタビリンクロッドブーツ劣化・錆も見受けられるので防錆処理施工。
タイロッドエンドブーツはブーツのみの部品供給が無い為、タイロッドエンドASSYにて交換。



CIMG0376.jpg
CIMG0375.jpg
CIMG0374.jpg

エアバック警告灯は運転席側サイドエアバックラインからのフォルトコードでしたので
早速運転席分解し、サイドエアバック本体ではなくハーネスに問題があることが判明し、該当箇所修理。



CIMG0355.jpg
CIMG0354.jpg
CIMG0356.jpg

コンピューター診断に問題無い事を確認し、メンテナンスサービスリセット実行し
テスト走行し、足廻りとエアバックに問題無い事を確認し、ケミカル類交換及び
各点検整備後、検査ライン無事パスし納車整備完了しまして、納車させて頂きました。
御依頼頂き、誠にありがとうございました。

BMW530iTRG E61アクティブステアリング修理完了


BMW530iTRG E61アクティブステアリング修理の件ですが


CIMG0336.jpg
CIMG0334.jpg

故障診断の結果、アングルセンサ・AL制御ECUが故障と判明し、交換部品の内容としては
テスター診断及び現車点検の結果、ステアリングアングルセンサーは交換、
こちらはステアリングアングルセンサーリペアキットは無いため新品部品へと交換し



CIMG0333.jpg
CIMG0386.jpg
CIMG0380.jpg

AL制御ECUは交換後、プログラミング及び他システムはリプロ施工。
ルーフドレンや各グロメット等、水侵入歴有無も点検し、OK。
AL制御ECUハーネスは念入りにコネクタ分解し、線材点検し、
ショート痕・端子部腐食等が無い事を確認して



CIMG0390.jpg
CIMG0359.jpg
CIMG0397.jpg

無事、プログラミング完了し、SZS機能点検及びAL機能点検・バッテリ容量キャリブレーション施工し
テスト走行後、再度点検し問題無い事を確認し、アクティブステアリング修理完了完了させて頂きました。
この度は修理御依頼頂き誠にありがとうございました。引き続きメンテナンスから定期点検・車検までお任せ下さい。

FC2Ad