米自動車 多摩からのモータ日記

フェラーリ348spider メンテナンス(エンジン整備・車検)

DSC00049.jpg
フェラーリ348spider メンテナンス(エンジン整備・車検)になります。
DSC00052.jpg
診断・点検へ。
DSC00129.jpg
F119エンジンV8/3.4ℓ各部チェック。
DSC00126.jpg
エアエレメントはクリーニング。タイミングベルト及びW/Pは交換へ。
DSC00132.jpg
DSC00146.jpg
エンジン冷却水及びエンジンオイルは交換。
DSC00134.jpg
DSC00133.jpg
DSC00139.jpg
点火系は良好。アンプも対策品に交換済。スパークプラグは清掃にてOK。
DSC00055.jpg
各部チェック・ブレーキホースは良好。
DSC00108.jpg
ブレーキフルードは交換必須。フルードチェッカーにて水分を含んでいる事を確認。交換へ。
DSC00110.jpg
ブレーキフルードは圧送交換にて。
DSC00109.jpg
ブレーキフルード交換前Befor↑/ブレーキフルード交換後After↓
DSC00125.jpg
DSC00122.jpg
DSC00115.jpg
ブレーキキャリパー及び各部クリーンアップ完了。
続いてサスペンション可動域/ブッシュ・ブーツ類の点検へ。
DSC00058.jpg
DSC00067.jpg
こちらは交換歴有。良好。
DSC00070.jpg
DSC00072.jpg
DSC00060.jpg
DSC00073.jpg
DSC00074.jpg
アッパーアーム/ロアアームラバーブッシュは交換要。
DSC00082.jpg
ロールバーブッシュ・スタビライザーブッシュ系統も交換。
DSC00089.jpg
サイレントブロック。インシュレーターからは液封が漏れており交換要。
DSC00095.jpg
ミッションアウトプットからハブまでのドライブ系統は良好。
DSC00150.jpg
DSC00147.jpg
バッテリーCCAチェック。良好OK。ターミナルはWURTHターミナルプロテクター施工。
DSC00151.jpg
DSC00152.jpg
光軸はハイビームにて調整、向き、光量共にエーミング後はOK。
DSC00014.jpg
車検整備及び、各箇所整備完了し、テスト走行へ。
各機関良好を確認、車検ラインも無事クリアし整備作業完了させて頂きました。
この度も御依頼頂き誠にありがとうございました。
スポンサーサイト

フェラーリF355F1 メンテナンス(エンジン脱着/タイミングベルト交換・車検)②

フェラーリF355F1 メンテナンス(エンジン脱着/タイミングベルト交換・車検)②
IMG_6096.jpg
IMG_2541.jpg
IMG_2542.jpg
IMG_2538.jpg
IMG_2539.jpg
IMG_2545.jpg
タイミングベルト及びテンショナベアリング等、劣化を確認。交換し、各タイミング及びテンション調整完了。
FクランクシールもOK。

IMG_2547.jpg
IMG_2553.jpg
IMG_2554.jpg
IMG_2557.jpg
交換時期の為、ヘッド廻り各シール類交換。その他整備施工し、車両へエンジン搭載へ。
IMG_2562.jpg
A/C冷媒サイクル:TEXA780Rにてサイクルメンテナンス/不純物除去/冷媒規定量充填/オイル規定量充填
IMG_2565.jpg
IMG_6152.jpg
IMG_6153.jpg
車検整備及び、各箇所整備完了し、F1マチックの確認も兼ね、テスト走行へ。
快音を奏でながらのエキゾーストサウンドはさすがF1に最も近いと言われている証でした。
各機関良好を確認、テスターにてデータモニター及びフォルトチェックOK。作業完了させて頂きました。
この度も御依頼頂き誠にありがとうございました。

フェラーリF355F1 メンテナンス(エンジン脱着/タイミングベルト交換・車検)①

フェラーリF355F1 メンテナンス(エンジン脱着/タイミングベルト交換・車検)になります。
IMG_2340.jpg
先ずは、タイミングベルト交換及びエンジン脱着へ。
IMG_2383.jpg
IMG_2371.jpg
社外マフラー装着の為、触媒温度センサとアンプ系統も点検。片バンクはまだでしたのでオーナー様へ御連絡、
IMG_2353.jpg
各コンディション確認。冷媒はTEXA780Rにてサイクルメンテナンス。
IMG_6089.jpg
IMG_6100.jpg
IMG_6106.jpg
IMG_2522.jpg
各取外し前に点検。テンショナーはテンションが足りない状態でした。ベアリングも同時交換。②へ続く。

フェラーリ F355 メンテナンス(F129エンジン/クラッチ整備)

フェラーリ F355 メンテナンス(F129エンジン/クラッチ整備)
IMG_0657 - コピー
エンジン不調にて走行中にストールする事があり、御依頼にての整備になります。
IMG_0152.jpg
IMG_0157.jpg
IMG_0162.jpg
不良部品は確定したが各箇所整備が必要な状態。
IMG_0163.jpg
エンジン脱着に伴う作業。クラッチもメンテナンスへ。
IMG_0433.jpg
IMG_0441.jpg
IMG_0436.jpg
IMG_0437.jpg
状態は良くなく、ジャダーも出ていたので必要箇所交換。
IMG_0546.jpg
IMG_0524.jpg
IMG_0455.jpg
IMG_0457.jpg
IMG_0435.jpg
IMG_0557.jpg
並行車両ですが今までメンテナンスは受けられていなかった模様。
IMG_0552.jpg
IMG_0562.jpg
IMG_0560.jpg
IMG_0570.jpg
IMG_0603.jpg
オイルドレンもナメてしまっており、強制的に摘出しドレンは新品へ。
IMG_0602.jpg
IMG_0601.jpg
IMG_0605.jpg
IMG_0607.jpg
IMG_0591.jpg
A/Cコンプレッサ部O-リングは傷んでおり、こちらも交換。
IMG_0612.jpg
IMG_0542.jpg
イグニッション系統の整備へ。
IMG_0528.jpg

IMG_0532.jpg
片バンクのコイルは故障と判断。両バンク交換。
IMG_0503.jpg
IMG_0501_20161016162850731.jpg
リアセクションのエンジンサブフレーム締結ボルトは修正要。
IMG_0504.jpg
IMG_0510.jpg
IMG_0516.jpg
IMG_0636.jpg
A/C冷媒サイクル:TEXA780Rにてサイクルメンテナンス/不純物除去/冷媒規定量充填/オイル規定量充填。
IMG_0625.jpg
ベルト交換、バルブタイミング調整、スロットルリンケージ調整や
フューエルレギュレーターやインジェクションデバイス等々のホース類も交換。

IMG_0622.jpg
IMG_0623.jpg
IMG_0634.jpg
IMG_0571.jpg
リアタイヤは製造年が古い為、フロントタイヤと同じ銘柄へ交換。
IMG_0654.jpg
各接続や油脂類をチェックし、テスト走行へ。エンジンストールも無く、心地よい快音を立てて走行し、無事完了。
IMG_0648.jpg
納車時にオーナー様より、アイドリングからエンジン音が全然違うと驚きとお褒めのお言葉を頂戴しました。
この度は御依頼頂き、誠にありがとうございました。

フェラーリ F458Italia メンテナンス(エンジンチェックランプ点灯・診断整備)

フェラーリ F458Italia メンテナンス(エンジンチェックランプ点灯・診断整備)になります。
4581_n.jpg
4582_n.jpg
4583_n.jpg
エンジンチェックランプ点灯内容を診断させて頂き、お客様に修理内容を
お伝えさせて頂きました。後日、修理の予定になります。
次のページ

FC2Ad