FC2ブログ

米自動車 多摩からのモータ日記

BMW 740i F01 メンテナンス(エンジン整備・電装システム整備)

BMW 740i F01 メンテナンス(エンジン整備・電装システム整備)になります。
DSC02569.jpg
DSC02571.jpg
DSC02572.jpg
高速道路を走行中、警告灯及び異常メッセージ点灯にて当社、積載車にてレッカー搬送入庫。
DSC02577.jpg
BMW診断機にて各システム点検。
DSC02576.jpg
オルタネーターがダウンし残りはバッテリーの電力で走行。VARTAは良くもってくれました。
バッテリーは充電にて再使用OK。

DSC02594.jpg
_180310_0014
DSC02596.jpg
オルタネーター交換にて各箇所点検しオイル漏れ箇所も修理へ。
DSC02609.jpg
エアコンライン取り外しの為、A/C冷媒をTEXA780Rにて回収。
DSC02623.jpg
スラストバイパスバルブは良好、OK。
DSC02627.jpg
こちらのオイル漏れは修理。
DSC02633.jpg
DSC02635.jpg
DSC02637.jpg
各箇所清掃、オイルシール当たり面も調整しながら組付。
DSC02644.jpg
DSC02639.jpg
DSC02638.jpg
補機ベルト・各プーリ・テンショナー・オルタネーター交換し各箇所組付へ。トルク管理は重要です。
DSC02648.jpg
身嗜みと同じように整備において綺麗に仕事をしてゆく事も当社の理念のひとつです。
DSC02619.jpg
DSC02659.jpg
DSC02660.jpg
DSC02661.jpg
DSC02664.jpg
各状態を清掃しながら確認し組付へ。
DSC02680.jpg
DSC02687.jpg
A/C冷媒サイクル:TEXA780RにてA/Cサイクルメンテナンス/不純物除去/冷媒規定量充填/オイル規定量充填。
DSC02684.jpg
DSC02694.jpg
エンジン始動し各箇所テスト&点検。
DSC02689.jpg
テスト走行にて、整備後の良好を確認。納車完了させて頂きました。
オーナー様は、とても大事にされてきた1台ですので今回整備に携われて感謝しております。
今後ともよろしくお願い致します。
この度は、御依頼頂き誠にありがとうございました。



スポンサーサイト

BMW 330ciカブリオレ E46 車検整備(24ヶ月点検・エンジン/AT整備)

BMW 330ciカブリオレ E46 車検整備(24ヶ月点検・エンジン/AT整備)になります。
DSC01030.jpg
DSC01533.jpg
車検整備へ。先ずは油脂類交換から。
エンジンオイルはLIQUIMOLY HC-7をチョイス。

DSC01515.jpg
ブレーキフルードはフルードテスターにて吸湿有り、2年毎/交換必須。
DSC01534.jpg
エアエレメントは交換。
DSC01502.jpg
電装関係・オルタネータ・バッテリーは良好、OK。Before↑ After↓。
DSC01508.jpg
ハブ・ブレーキ・各足廻りはクリーニング&グリスアップ。ブーツ・ブッシュ系はOK。
DSC01509.jpg
DSC01519.jpg
続いてはATメンテナンス。懸念していたとうりATFの状態は良好ではない状態。
DSC01520.jpg
DSC01523.jpg
DSC01518.jpg
DSC01521.jpg
走行距離が少ない車両でも経年によるATF劣化も見られ、
ATクラッチによるスラッジ有り。ATフィルタ及びATF交換。

DSC01528.jpg
DSC01526.jpg
DSC01530.jpg
DSC01531.jpg
各部クリーニング施工し新品フィルタにて組付へ。
ATメンテナンスは車齢および走行距離に応じて的確な整備を行う事が重要です。

DSC01543.jpg
DSC01550.jpg
DSC01544.jpg
続いてエンジン・ATマウント交換へ。新旧↑経年によりマウントは潰れ
エンジンを正常な位置に保てていない状態。交換し正しい位置にマウントする事により
各振動・ヨーク角度等が適正になり本来の性能を発揮する事が出来ますのでお薦めの整備内容になります。

DSC01029.jpg
他整備完了。サービスインターバルリセットし、診断機上も問題無く、完了。
車検ラインも無事クリア。24ヶ月点検整備完了させて頂きました。
オーナー様も整備後のフィーリングにとても喜んで頂き、当社としましても整備に関わらせて頂き感謝しております。
この度は御依頼頂き、誠にありがとうございました。

BMW MINI CooperS R56 修理(エンジン整備・ハイプレッシャーポンプ)

BMW ミニ CooperS R56 修理(エンジン整備・ハイプレッシャ高圧ポンプ)になります。
DSC00915.jpg
DSC00889.jpg
整備は残念ながら、行き届いていない状態。
DSC00908.jpg
エンジンチェックランプ点灯し、エンジンも息継ぎをしている状態。
DSC00890.jpg
BMW専用診断機にて診断。エラーは点火系ミスファイアと高圧ポンプ系統など入力有りの為、実装部品の点検・診断へ。
DSC00891.jpg
DSC00896.jpg
DSC00894.jpg
DSC00897.jpg
エンジン故障及び不調の原因は高圧ポンプと診断。高圧ポンプ及び各故障部品を交換。
また埃が大量に付着しているため、クリーニングを同時に施工していきます。

DSC00899.jpg
DSC00900.jpg
エアエレメントは清掃にてOK。
DSC00909.jpg
DSC00912.jpg
点灯していたエンジンチェックランプも無事、消灯。
DSC00902.jpg
DSC00914.jpg
各、組み付け完了。高圧ポンプも問題なく駆動。肝心のインジェクターは全数、アクティベーションにてOK。
エンジンが息を吹き返し、テスト走行においても問題無し。エンジン整備完了させて頂きました。
この度は、御依頼頂き誠にありがとうございました。


BMW 335iカブリオレ E93 車検整備(24ヶ月点検・エンジン/AT整備)

BMW 335iカブリオレ E93 車検整備(24ヶ月点検・エンジン/AT整備)になります。
DSC007420.jpg
車検点検整備へ。BMW専用診断機にて各コンピューター診断し、各部点検していきます。
IMG_4016.jpg
ヘッドカバーはオイル滲み有の為、交換へ。
IMG_4018.jpg
IMG_4019.jpg
インジェクタ・イグニッションコイルはOK。
IMG_4023.jpg
スパークプラグは状態、経年により全数、新品へ交換。
IMG_4028.jpg
エンジンクーラントはWAKO'Sクーラントブースタにて消泡性能を保持し
ウォータージャケット系のシールを保護します。。

IMG_4020.jpg
IMG_4022.jpg
バッテリーは交換時期の為、VARTA AGMへ交換。こちらは診断機にてパワーマネジメント変更設定。
1200.jpg
AT整備はDCT(DKG)各キャリブレーション施工及びメカトロ/ソレノイドフラッシング洗浄施工。
上りの坂道で下がってしまう症状は改善し、シフトフィーリングも良好に。

IMG_4011.jpg
ブレーキパッドは交換時期の為、ATEセラミックをチョイス。
制動力を損なうことなくこれでホイールの汚れが目立たなくなります。

IMG_4013.jpg
ハブはクリーニング。Before↑ After↓。
IMG_4014.jpg
DSC00788.jpg
BBSのアルミホイールはガリ傷有の為、ホイールリペアを承りました。
リペア完了し、新品の様に綺麗な状態に。当社ではホイールリペアも承っております。

IMG_4024_201709061102297bb.jpg
エアコンフィルタ交換。細かい埃やチリをキャッチし室内空間を清潔に保つと共にエバポレータの保護
も兼ねており、1年の定期交換がお薦めです。

IMG_4026.jpg
エアコンフィルタはMANNFILTER製プレシャスフィルタをチョイス。
PM2.5や花粉を取り除いてくれる高性能エアコンフィルタ。度々ですが、例えて、掃除機でいえばダイ○ンと言ったところでしょうか。

DSC00792.jpg
各整備完了し、各機関良好。テスト走行でもターボチャージャのレスポンス・車体のフィーリングが良好に。
DSC007950.jpg
車検検査ラインも無事クリアし整備作業完了。納めさせて頂きました。
オーナー様は、とても大事にされているお車ですので
当社としましても整備に関わらせて頂き感謝しております。
この度も御依頼頂き誠にありがとうございました。

BMW 530iTRG E61 車検整備(24ヶ月点検・エンジン/AT整備)

BMW 530iTRG E61 車検整備(24ヶ月点検・エンジン/AT整備)になります。
IMG_3946.jpg
先ずはBMW専用診断機にて各コンピューター診断し、実装部への点検整備施工。
油脂類交換、エンジンフラッシングから。
WURTH製オイルトリートメントにて施工。素早くスラッジを廃油と共に排出したのち、
各オイルギャラリーへのトリートメント効果が期待できます。また環境負荷低減の為、ロングドレン向きのエンジンには、
バルブリセス部のスラッジ等の溶融洗浄・排出にもお薦めです。

IMG_3948.jpg
オイルエレメント交換。新・旧。
IMG_3942.jpg
ブレーキフルード交換。交換必須ですがフルードテスターにて水分含み、交換要の状態。Before↑ After↓。
IMG_39410.jpg
IMG_3957.jpg
エアエレメントは経年の為、優良品にて新品交換。
IMG_3971.jpg
AT整備へ。今回、車検のタイミングで当社でお薦めしている交換サイクルの為、
ATF及びATFフィルタ・ATスリーブを同時交換施工。

IMG_3965.jpg
IMG_3966.jpg
マグネットにはATスラッジが蓄積しておりこちらは新品オイルパンと共に新品へと交換。
IMG_3969.jpg
新・旧スリーブ。
IMG_3972.jpg
交換後は各ギアの変速ショックも無くなりスムーズに。ATソレノイドやバルブボディにスラッジが蓄積する前に交換をお薦めしています。
IMG_3951.jpg
各車輪、ハブ部クリーニング施工。
IMG_3950.jpg
IMG_3959.jpg
エアコンフィルタ交換。細かい埃やチリをキャッチし室内空間を清潔に保つと共にエバポレータの保護
も兼ねており、1年の定期交換がお薦めです。

IMG_3958.jpg
また、エアコンフィルタはMANNFILTER製プレシャスフィルタをチョイス。
PM2.5や花粉を取り除いてくれる高性能エアコンフィルタ。度々ですが、例えて、掃除機でいえばダイ○ンと言ったところでしょうか。

DSC00739.jpg
メンテナンスインターバルリセット完了。
DSC00740.jpg
車検整備及び、各箇所整備完了。
各機関良好を確認、車検ラインも無事クリアし整備作業完了させて頂きました。
オーナー様にも車両全体のフィーリングが良くなり、とてもお喜び頂きました。
この度も御依頼頂き誠にありがとうございました。



次のページ

FC2Ad