FC2ブログ

米自動車 多摩からのモータ日記

メルセデスベンツ C63 AMG メンテナンス(フロントガラスオートライト&レインセンサ設定)

メルセデスベンツ C63 AMG メンテナンス(フロントガラスオートライト&レインセンサ設定)になります。
DSC01306.jpg
オートライト及びレインセンサの不具合により機能が制限されている状態。
DSC01310.jpg
DSC01313.jpg
該当箇所、修理し、フロントガラスの刻印数値データを元に
オートライト及びレインセンサのキャリブレーションをMB純正テスターにて施工し、無事、修理完了。

DSC01311_20180220182402d58.jpg
DSC01314.jpg
DSC01318.jpg
DSC01317.jpg
点灯していた各チェックランプも消灯し
オートライト及びレインセンサも問題無く良好を確認。
整備完了させて頂きました。
この度は御依頼頂き誠にありがとうございました。
スポンサーサイト

メルセデスベンツ S400HYBRYD W221メンテナンス(ハイブリッドシステム修理)

メルセデスベンツ S400HYBRYD W221メンテナンス(ハイブリッドシステム修理)になります。
DSC00822.jpg
ハイブリッドシステムが正常に作動せず、エンジンも始動出来ないとの事で修理御依頼頂きました。
DSC00916.jpg
DSC00827.jpg
テスターにて点検しSG-EM及びDC-DCコンバーターのハイブリッドシステムのエラーを確認。
電圧値も128Vまで昇圧し、各部点検の結果、パワーコントロールユニット内部の故障と判明。
ハイブリッドシステムパワーコントロールユニットは高額ですが、御連絡し修理御依頼を受け作業へ。

DSC00823.jpg
DSC00834.jpg
ユニット内部故障の為、テスター上にて高電圧解除作動が不可能の為、手動にて高電圧解除実行。
ゴニョゴニョくるくるポンにて無事、高電圧解除、切り離しに成功。
この作業が出来ないと、高電圧に感電した場合は死亡してしまうリスクがあります。

IMG_4103.jpg
ハイブリッドシステムパワーコントロールユニットはマニホールド下部にあり、
インシュレーター装着ととLLCにより冷却されている。

IMG_4104.jpg
IMG_4106.jpg
IMG_4102.jpg
新/旧ユニット。新品ユニットを取付へ。
DSC00926.jpg
DSC00930.jpg
DSC00929.jpg
DSC00951.jpg
ユニット取付後、プログラミング実施。無事完了し、ユニット適合、認識OK及びエラー無し。
E8BCB8A1-8F7E-4394-A7E8-E2AB306134DB.jpg
DSC00947.jpg
高電圧解除後は、ハイブリッドシステムも問題なく作動。
DSC00954.jpg
動作不動だったエアコンも無事作動。TEXA780Rにてエアコンサイクル再構築し5.0℃まで冷える様に。
DSC00927.jpg
エンジンクリーニング実施。
DSC009441.jpg
作業完了後、テスト走行実施し各箇所問題無い事を確認。
故障個所の特定/難度が高く、高額修理案件でしたが無事、修理完了させて頂きました。
この度は御依頼頂き誠にありがとうございました。

メルセデスベンツ CLS500 W219 修理(ESP・SBC/電装・A/C各整備)

メルセデスベンツ CLS500 W219 修理(ESP・SBC/電装・A/C各整備)になります。
DSC00681.jpg
DSC00628.jpg
DSC00625.jpg
DSC00626.jpg
各警告灯点灯し総合的に診断が必要な状態。
DSC00655.jpg
エアコンもシステムエラーが有り、冷えない状態。
DSC00658.jpg
DSC00657.jpg
A/C冷媒サイクル:TEXA780RにてA/Cサイクルメンテナンス/不純物除去/冷媒規定量充填/オイル規定量充填にて
施工完了。しっかりと冷える様に。こちらはOK 。

DSC00668.jpg
続いてABS系統の修理へ。スピードセンサは点検の結果良好を確認。
DSC00673.jpg
CLS500W219診断3
SBC及びESP系統のCANライン及び各ユニット間のハーネス点検。エアマチックやヘッドライトコントロールユニットにも
エラー及び障害有を確認。各システムの状態を把握し、正常な状態へシステムを変更し、受け付けなかった
エアマチック及びヘッドライトコントロールニットのキャリブレーションも完了。

CLS500W219 Xentry診断10
ABS系統ESP・SBCの修理も完了し、エラーも入らなくなり修理完了。CAN通信も障害なく各システムも作動確認OK。
DSC00678.jpg
DSC00681.jpg
最終チェック完了し、エンジン各箇所・電装系修理完了し、納めさせて頂きました。
大変お困りの様でしたので、無事修理完了しまして、とても喜んでいただけました。
この度は御依頼頂き誠にありがとうございました。

メルセデスベンツ C200 W203 メンテナンス(エンジンストール・EGR修理)

IMG_3590.jpg
メルセデスベンツ C200 W203 メンテナンス(エンジンストール・EGR修理)になります。
IMG_3576.jpg
アイドリング時にエンジンストールしてしまうとの事で修理御依頼頂きました。/strong>
IMG_3586.jpg
各箇所診断し、エンジンコントロール系エアマスやイグニッション系ではなく
EGRバルブと判明し、実装部品の点検及び診断へ。

IMG_3585.jpg
IMG_3577.jpg
IMG_3578.jpg
IMG_3582.jpg
IMG_3581.jpg
IMG_3580.jpg
簡素的に説明するとEGRバルブ不良により
規定量より多くインテーク側へガスが流入しエンジンストールとなった。

IMG_3585_20170629161315e19.jpg
IMG_3592.jpg
修理完了後はテスト走行にてレスポンスも良く良好な状態に。
この度は御依頼頂き誠にありがとうございました。

メルセデスベンツ B200 W245 メンテナンス(足廻り修理/HELLA製低ダストブレーキパット)

IMG_3615.jpg
IMG_3562.jpg
メルセデスベンツ B200 W245 メンテナンス(足廻り修理/HELLA製低ダストブレーキパット)になります。
IMG_3563.jpg
ある特定の条件にて異音が発生するとの事で御依頼頂きました。
テスト走行及び現車各機構を点検・診断にて原因判明。

IMG_3565.jpg
IMG_3564.jpg
IMG_3568.jpg
IMG_3615.jpg
IMG_3616.jpg
ブレーキローターとブレーキパットの関係性から今回は
HELLA PAGID製・低ダストブレーキパッド/シルベラミック ブレーキパッドを選択。
こちらは世界に先駆け日本先行発売された製品でして
低ダストブレーキパッドでありながらブレーキ性能を損ねる事なく、耐フェード性も保っており
当社ではお薦めの低ダストブレーキパッドです。今後、ラインナップも増えていくそうですので
アルミホイールのブレーキダスト汚れが気になる方は当社までお問い合わせ下さい。

IMG_3567.jpg
IMG_3562.jpg
ブレーキパット・ブレーキロータ及び各箇所整備完了し
テスト走行にて特定の条件での異音も解消。修理完了。納車させて頂きました。
この度は御依頼頂き誠にありがとうございました。
次のページ

FC2Ad