米自動車 多摩からのモータ日記

メルセデスベンツ S400HYBRYD W221メンテナンス(ハイブリッドシステム修理)

メルセデスベンツ S400HYBRYD W221メンテナンス(ハイブリッドシステム修理)になります。
DSC00822.jpg
ハイブリッドシステムが正常に作動せず、エンジンも始動出来ないとの事で修理御依頼頂きました。
DSC00916.jpg
DSC00827.jpg
テスターにて点検しSG-EM及びDC-DCコンバーターのハイブリッドシステムのエラーを確認。
電圧値も128Vまで昇圧し、各部点検の結果、パワーコントロールユニット内部の故障と判明。
ハイブリッドシステムパワーコントロールユニットは高額ですが、御連絡し修理御依頼を受け作業へ。

DSC00823.jpg
DSC00834.jpg
ユニット内部故障の為、テスター上にて高電圧解除作動が不可能の為、手動にて高電圧解除実行。
ゴニョゴニョくるくるポンにて無事、高電圧解除、切り離しに成功。
この作業が出来ないと、高電圧に感電した場合は死亡してしまうリスクがあります。

IMG_4103.jpg
ハイブリッドシステムパワーコントロールユニットはマニホールド下部にあり、
インシュレーター装着ととLLCにより冷却されている。

IMG_4104.jpg
IMG_4106.jpg
IMG_4102.jpg
新/旧ユニット。新品ユニットを取付へ。
DSC00926.jpg
DSC00930.jpg
DSC00929.jpg
DSC00951.jpg
ユニット取付後、プログラミング実施。無事完了し、ユニット適合、認識OK及びエラー無し。
E8BCB8A1-8F7E-4394-A7E8-E2AB306134DB.jpg
DSC00947.jpg
高電圧解除後は、ハイブリッドシステムも問題なく作動。
DSC00954.jpg
動作不動だったエアコンも無事作動。TEXA780Rにてエアコンサイクル再構築し5.0℃まで冷える様に。
DSC00927.jpg
エンジンクリーニング実施。
DSC009441.jpg
作業完了後、テスト走行実施し各箇所問題無い事を確認。
故障個所の特定/難度が高く、高額修理案件でしたが無事、修理完了させて頂きました。
この度は御依頼頂き誠にありがとうございました。

スポンサーサイト

メルセデスベンツ CLS500 W219 修理(ESP・SBC/電装・A/C各整備)

メルセデスベンツ CLS500 W219 修理(ESP・SBC/電装・A/C各整備)になります。
DSC00681.jpg
DSC00628.jpg
DSC00625.jpg
DSC00626.jpg
各警告灯点灯し総合的に診断が必要な状態。
DSC00655.jpg
エアコンもシステムエラーが有り、冷えない状態。
DSC00658.jpg
DSC00657.jpg
A/C冷媒サイクル:TEXA780RにてA/Cサイクルメンテナンス/不純物除去/冷媒規定量充填/オイル規定量充填にて
施工完了。しっかりと冷える様に。こちらはOK 。

DSC00668.jpg
続いてABS系統の修理へ。スピードセンサは点検の結果良好を確認。
DSC00673.jpg
CLS500W219診断3
SBC及びESP系統のCANライン及び各ユニット間のハーネス点検。エアマチックやヘッドライトコントロールユニットにも
エラー及び障害有を確認。各システムの状態を把握し、正常な状態へシステムを変更し、受け付けなかった
エアマチック及びヘッドライトコントロールニットのキャリブレーションも完了。

CLS500W219 Xentry診断10
ABS系統ESP・SBCの修理も完了し、エラーも入らなくなり修理完了。CAN通信も障害なく各システムも作動確認OK。
DSC00678.jpg
DSC00681.jpg
最終チェック完了し、エンジン各箇所・電装系修理完了し、納めさせて頂きました。
大変お困りの様でしたので、無事修理完了しまして、とても喜んでいただけました。
この度は御依頼頂き誠にありがとうございました。

メルセデスベンツ C200 W203 メンテナンス(エンジンストール・EGR修理)

IMG_3590.jpg
メルセデスベンツ C200 W203 メンテナンス(エンジンストール・EGR修理)になります。
IMG_3576.jpg
アイドリング時にエンジンストールしてしまうとの事で修理御依頼頂きました。/strong>
IMG_3586.jpg
各箇所診断し、エンジンコントロール系エアマスやイグニッション系ではなく
EGRバルブと判明し、実装部品の点検及び診断へ。

IMG_3585.jpg
IMG_3577.jpg
IMG_3578.jpg
IMG_3582.jpg
IMG_3581.jpg
IMG_3580.jpg
簡素的に説明するとEGRバルブ不良により
規定量より多くインテーク側へガスが流入しエンジンストールとなった。

IMG_3585_20170629161315e19.jpg
IMG_3592.jpg
修理完了後はテスト走行にてレスポンスも良く良好な状態に。
この度は御依頼頂き誠にありがとうございました。

メルセデスベンツ B200 W245 メンテナンス(足廻り修理/HELLA製低ダストブレーキパット)

IMG_3615.jpg
IMG_3562.jpg
メルセデスベンツ B200 W245 メンテナンス(足廻り修理/HELLA製低ダストブレーキパット)になります。
IMG_3563.jpg
ある特定の条件にて異音が発生するとの事で御依頼頂きました。
テスト走行及び現車各機構を点検・診断にて原因判明。

IMG_3565.jpg
IMG_3564.jpg
IMG_3568.jpg
IMG_3615.jpg
IMG_3616.jpg
ブレーキローターとブレーキパットの関係性から今回は
HELLA PAGID製・低ダストブレーキパッド/シルベラミック ブレーキパッドを選択。
こちらは世界に先駆け日本先行発売された製品でして
低ダストブレーキパッドでありながらブレーキ性能を損ねる事なく、耐フェード性も保っており
当社ではお薦めの低ダストブレーキパッドです。今後、ラインナップも増えていくそうですので
アルミホイールのブレーキダスト汚れが気になる方は当社までお問い合わせ下さい。

IMG_3567.jpg
IMG_3562.jpg
ブレーキパット・ブレーキロータ及び各箇所整備完了し
テスト走行にて特定の条件での異音も解消。修理完了。納車させて頂きました。
この度は御依頼頂き誠にありがとうございました。

メルセデスベンツ SLK55 AMG W171 メンテナンス(12ヶ月点検/電装整備)

メルセデスベンツ SLK55 AMG W171 メンテナンス(12ヶ月点検/電装整備)になります。
DSC00439_201706220824555c6.jpg
DSC00459.jpg
メルセデスベンツ専用機に各コンピューター診断後、各部状態を把握し点検へ。
DSC00478.jpg
DSC00460.jpg
PCV廻り・各フラップ/エアポンプは良好。
DSC00461.jpg
DSC00464.jpg
DSC00463.jpg
DSC00462.jpg
DSC00467.jpg
チェックバルブ及び各ホース良好。ヘッドカバー廻りは滲みもなくOK。
DSC00466.jpg
DSC00468.jpg
イグニッションコイルはスパークタイム等測定値良好。
DSC00453.jpg
補機ベルトは交換時期・フロントケースはクリーニングにて。下廻りは良好。
DSC00440.jpg
DSC00441.jpg
ハブ廻りはクリーニングにて。F/ブレーキパットはノンダストにて交換へ。
DSC00475.jpg
DSC00470.jpg
DSC00469.jpg
DSC00472.jpg
不点灯のウインドウブロックLEDはスイッチ部電装不良とLED劣化の為、
LEDは打ち替えし電装部は修理にて対応し正常に機能。またウインドウブロックはクリーニング。

DSC00482.jpg
DSC00484.jpg
DSC00483.jpg
バリオルーフは修理要でフラップ稼働箇所修理完了し、安定してルーフの開閉が可能に。OK。
DSC00448.jpg
DSC00454.jpg
DSC00452.jpg
DSC00455.jpg
DSC00456.jpg
各駆動系及び下廻りも状態把握し、懸念事項のボディサイドからテールにかけての
ピッチは除去完了。ボディガラスコーティング施工へ。純正ドアプロジェクタ装着し納車へ。
この度も御依頼頂き誠にありがとうございました。

次のページ

FC2Ad