米自動車 多摩からのモータ日記

メルセデスベンツ GLC43 AMG W253 販売車両メンテナンス(エンジンオイル/エレメント交換)

メルセデスベンツ GLC43 AMG W253 販売車両メンテナンス(エンジンオイル/エレメント交換)になります。
IMG_2166.jpg
当社で販売させて頂きました車両ですが、最初のオイル時期到来の為、交換へ。
IMG_2162.jpg
眺めているだけでご飯が食べれます(笑
IMG_2157.jpg
IMG_2160.jpg
IMG_2159.jpg
こちらも交換。新車でも状態を診る事により細かい事が見えていきます。
IMG_2143.jpg
IMG_2148.jpg
こちらも眺めているだけでご飯が食べれます(笑
IMG_2161.jpg
AMG認証油・メーカー指定油使用。
IMG_2163.jpg
エンジンオイル・エレメント交換完了。他の御依頼作業も完了し納車へ。
この度も御依頼頂き誠にありがとうございました。
スポンサーサイト

メルセデスベンツ A180sport W176 メンテナンス(ノンダストブレーキパット交換)

メルセデスベンツ A180sport W176 メンテナンス(ノンダストブレーキパッド交換)になります。
IMG_0684.jpg
ブレーキ警告灯点灯により入庫。ブレーキパッド交換時期でして、ノンダストタイプへ交換。
IMG_0661.jpg
IMG_0664.jpg
IMG_0665.jpg
IMG_0668_201610161306120d7.jpg
IMG_0682.jpg
リアパット交換の際はパーキングブレーキのキャリブレーションが必要な為、
テスターにてキャリブレーション実施。

IMG_0670.jpg
当社お薦めのノンダストタイプのブレーキパットへ交換しホイールへのダスト付着も
大幅に軽減しお客様も喜んでいただきました。
この度は御依頼頂き誠にありがとうございました。

メルセデスベンツ C240WGN W240 メンテナンス(ESP点灯・エンジン/ATマウント交換・12ヶ月点検)

メルセデスベンツ C240WGN W240 メンテナンス(ESP点灯・エンジン/ATマウント交換・12ヶ月点検)になります。
IMG_0715_20161016120849763.jpg
ESP警告灯点灯との事で、点検診断へ。
IMG_0685.jpg
IMG_0686.jpg
IMG_0688.jpg
診断の結果、ステアリングアングルセンサ由来と判明。
該当箇所と予防整備にてスパイラルも交換。

IMG_0691.jpg
足廻り及びマウント交換へ。御予算に応じての作業で今回はマウント/ステアリングダンパー交換。
IMG_0693.jpg
IMG_0694.jpg
ダンパーはスカスカで完全に抜けていたので本来のステアリングインフォメーションが期待される。
IMG_0706.jpg
IMG_0708.jpg
対策品だがエンジンマウントの潰れ度合いが見て取れる。こちらも本来のエンジン位置に戻ることにより
各回転機構のストレスがかなり減り、本来の性能を発揮できる。

IMG_0697.jpg
ATマウントも切れておりこちらも交換。
IMG_0714.jpg
各整備完了。作業完了しテスト走行へ。出だしのクリープから本来の走りを感じさせてくれる状態に。
オーナー様もとても大事にされているお車でして,大変喜んでいただけました。
この度は御依頼頂き、誠にありがとうございました。

メルセデスベンツ C230WGN W203 メンテナンス(ダンブルフラップ修理)

メルセデスベンツ C230WGN W203 メンテナンス(ダンブルフラップ修理)になります。
IMG_0253.jpg
272M25エンジンにてチェックランプ点灯で修理御依頼。
IMG_0238.jpg
点検及び診断にてダンブルフラップロッド折損によるフォルトコードと判明。
IMG_0241.jpg
折損した樹脂製から対策品のジェラルミン製へ交換。
IMG_0257.jpg
作業完了し、テスターにて消去及び点検し作業完了。
この度は御依頼頂き、誠にありがとうございました。

メルセデスベンツ S400HYBRYD AMG W221 メンテナンス(ハイブリッドシステム修理)

メルセデスベンツ S400HYBRYD AMG W221 メンテナンス(ハイブリッドシステム修理)になります。
IMG_0095.jpg
ハイブリッドシステムが正常に作動せず、エアコンも全く効かないとの事で修理御依頼頂きました。
IMG_0082.jpg
テスターにて点検しSG-EM及びDC-DCコンバーターのハイブリッドシステムのエラーを確認。
電圧値も170Vまで昇圧し、各部点検の結果、パワーコントロールユニット内部の故障と判明。
ハイブリッドシステムパワーコントロールユニットは高額ですが、御連絡し修理御依頼を受け作業へ。。

IMG_1900.jpg
IMG_0083.jpg
ハイブリッドシステムパワーコントロールユニットは
ブロック側面に取付られているのでマフラーや触媒など各部品を外していきます。

IMG_1909.jpg
ユニット内部故障の為、テスター上にて高電圧解除作動が不可能の為、ゴニョゴニョくるくるポンにて
無事、高電圧解除、切り離しに成功。この作業が出来ないと、高電圧に感電した場合は死亡してしまうリスクがあります。

IMG_0081.jpg
IMG_1923.jpg
ハイブリッドシステムパワーコントロールユニットはマニホールド下部にあり、
インシュレーター装着ととLLCにより冷却されている。

IMG_0039.jpg
IMG_0035.jpg
IMG_0034.jpg
新/旧ユニット。新品ユニットを取付へ。
IMG_0061.jpg
IMG_0063.jpg
IMG_0064.jpg
高電圧ケーブルの配策も確実に実施。
IMG_0081_20160730160943571.jpg
IMG_0079.jpg
ユニット取付後、プログラミング実施。無事完了し、ユニット適合、認識OK及びエラー無し。
IMG_0087.jpg
エンジンクリーニング実施。
IMG_0100.jpg
動作不動だったエアコンも無事作動。TEXA780Rにてエアコンサイクル再構築し3.8℃まで冷える様に。
IMG_1946.jpg
高電圧解除後は、ハイブリッドシステムも問題なく作動。
IMG_0088.jpg
IMG_0095.jpg
作業完了後、テスト走行実施し各箇所問題無い事を確認。
故障個所の特定/難度が高く、高額修理案件でしたが無事、修理完了させて頂きました。
この度も御依頼頂き誠にありがとうございました。
次のページ

FC2Ad