FC2ブログ

米自動車 多摩からのモータ日記

ASTONMARTIN V12 Vanquish S メンテナンス(電装システム修理・車検整備)

アストンマーティン V12 ヴァンキッシュ S メンテナンス(電装システム修理・車検整備)になります。
DSC00263_20181117205351d1c.jpg
スポンサーサイト

ASTONMARTIN V8 VANTAGE メンテナンス(ATギア抜け/ASMシステム修理)

アストンマーティン V8 ヴァンテージ メンテナンス(ATギア抜け/ASMシステム修理)になります。
DSC03910.jpg
DSC03794.jpg
ATにてD(ドライブ)ボタンまたはR(リバース)を押して走行レンジを選択し、
走行しようとしてもギア抜けを起こしてしまい、ASMエラー表示がインフォメーションされてしまう状態。
アストンマーティン純正テスターにて点検し、ASM(A/T)に不良が有る事が判明。ATを降ろして修理及び整備へ。

DSC03795.jpg
DSC03796.jpg
該当作動箇所及びASM作動油、ASM各部点検。修理へ。ASMフルードホースに亀裂も見られた為、
該当ホースは高額な為、当社オリジナルASM/アダプタKITへ交換。

DSC03798.jpg
S__37904387.jpg
アストンマーティン純正テスターにて、ASMキャリブレーション実施。
DSC03556.jpg
ASM及び各部最終チェック完了。無事、ギア抜け完治し走行可能に。
DSC03910.jpg
テスト走行も完了し、オーナー様の元へ引き渡し完了させて頂きました。
とても大事にされておられ、大変お喜びになられ当社としましても、とても嬉しく励みにさせて頂きました。
この度は御依頼頂き誠にありがとうございました。

ASTONMARTIN DB9 GT 12ヶ月点検(エンジン整備・各点検整備)

アストンマーティン DB9 GT 12ヶ月点検(エンジン整備・各点検整備)になります。
DSC03053.jpg
DSC03055.jpg
12ヶ月点検にて先ずは、アストンマーティン純正テスターにて各システム診断へ。
DSC03058.jpg
DSC03059.jpg
各メーター及びTPMSと実測の数値も比較し公差OK。
DSC03064.jpg
続いてV12エンジン点検へ。
DSC03067.jpg
DSC03071.jpg
DSC03068.jpg
DSC03074.jpg
エンジンオイル交換と共に各点検完了。
DSC03065.jpg
各、下廻り及び足廻り点検整備OK。
DSC03062_201807212126485a0.jpg
車両の状態もとても良好にて、各インスペクション完了し納車させて頂きました。
この度は御依頼頂き誠にありがとうございました。

ASTONMARTIN V8 VANTAGE メンテナンス(エンジン・排気システム修理)

ASTONMARTIN V8 ヴァンテージ メンテナンス(エンジン・排気システム修理)になります。
DSC02524.jpg
DSC02506.jpg
排気システムでのエラーメッセージにてアストンマーティン純正診断機にてコンピュータチェックへ。
DSC03021.jpg
DSC03020.jpg
DSC03022.jpg
O2センサ内部不良と判明し予防整備も含め、該当箇所修理へ。
DSC03027.jpg
DSC03029.jpg
DSC02525.jpg
アストンマーティン純正テスターにて各データーチェック及び
テスト走行においても異常無く正常を確認。整備完了させて頂きました。
この度は御依頼頂き誠にありがとうございました。

ASTONMARTIN RAPIDE メンテナンス(足廻り整備・TPMシステム修理・タイヤ交換)

ASTONMARTIN RAPIDE メンテナンス(足廻り整備・TPMシステム修理)になります。
DSC03011.jpg
タイヤ空気圧警告灯点灯及び炭化が進み、
ブレーキフェード発生の為、TPMS及びブレーキパッド1台分交換へ。

DSC02936.jpg
DSC02935.jpg
DSC02931.jpg
DSC02992.jpg
DSC02942.jpg
DSC02941.jpg
DSC03003.jpg
ホイールはインナー側もクリーニングにて。
DSC03004.jpg
TPMS交換しタイヤは1台分交換。POTENZA S001をチョイス。
DSC03010.jpg
アストンマーティン純正テスターにてTPMシステムの通信を点検し正常を確認。
テスト走行にてフェード現象も収まり良好を確認。整備完了させて頂きました。
この度は御依頼頂き誠にありがとうございました。
次のページ

FC2Ad