米自動車 多摩からのモータ日記

ASTONMARTIN V8 VANTAGE メンテナンス(クラッチキャリブレーション/電装システム修理)

アストンマーティン V8バンテージ メンテナンス(クラッチキャリブレーション/電装システム修理)になります。
DSC01171.jpg
各チェックランプ点灯及び走行不能になり、修理御依頼頂きました。
DSC01853.jpg
アストンマーティン純正テスターにて点検。各実装部品点検。
電装システム内ではターミナル30が途切れる状態。

DSC01851.jpg
点検の結果、オルタネータ及びバルクヘッド間ハーネス点検修理にて対応。
オルタネータはリビルト品にて交換。

DSC01854.jpg
修理完了後は発電も問題無く良好。
DSC01855.jpg
追加でエンジンオイル交換及びクラッチキスポイント学習の御依頼を承りこちらも完了。
DSC01171.jpg
点灯していた各チェックランプも消灯しテスト走行においても
問題無く良好を確認。整備完了させて頂きました。
この度は御依頼頂き誠にありがとうございました。
スポンサーサイト

ASTONMARTIN RAPIDE S 車検(エンジン・排気システム修理/車検整備)

DSC01170.jpg
アストンマーティン ラピードS 車検(エンジン・排気システム修理/車検整備)になります。
DSC01693_201711142137503f9.jpg
先ずはエンジンチェックランプ点灯の為、こちらの修理から。
DSC01692.jpg
DSC01680.jpg
DSC01683.jpg
アストンマーティン純正テスタにて診断し、該当センサ不良と判明。また、それに付随し
予防整備として関連個所の部品も交換へ。

DSC01694.jpg
エンジンチェックランプ及び排気システムエラーメッセージ消灯。この後、テスト走行にて各箇所、確認しOK。
DSC01676.jpg
エアエレメントは交換。
DSC01690.jpg
スロットルボディASSYメンテナンス。
DSC01665.jpg
DSC01666.jpg
ブレーキフルードは圧送交換にて。今回は1.0barにて交換。Before↑After↓
吸湿したフルードも新油にリフレッシュし、ブレーキタッチもしっかりとリニアに伝わり・伝わる様になり整備OK。

DSC01667.jpg
DSC01663.jpg
エンジン冷却水/LLCはサービスポジションから交換へ。
DSC01656.jpg
エンジンオイル/オイルエレメント/ドレンプラグ交換。
DSC01642.jpg
各部調整箇所メンテナンス。
DSC01648.jpg
DSC01649.jpg
ブレーキ及び足廻り点検整備へ。
DSC01831.jpg
DSC01832.jpg
リアブレーキパットは残量僅かの為、交換し各箇所整備完了。
DSC01653.jpg
ホイールインナークリーニング。Before↑After↓足元が綺麗ですと気持ちが良いですね。
DSC01654.jpg
DSC01677.jpg
DSC01678.jpg
DSC01679.jpg
燃料リッドの位置相違も修正完了。
DSC01672.jpg
エアコンフィルタは定期メンテナンスにより交換。しっかりと仕事をしてくれています。
DSC01643.jpg
DSC01644.jpg
DSC01646.jpg
DSC01645.jpg
ドアインナーハンドル部も各箇所整備完了。ウインドウ動作の予防整備にて。
DSC01692.jpg
DSC01170.jpg
各整備完了。車検ラインも無事クリア。本来の性能を発揮できる状態に。
今後の整備プランも御相談させて頂き納車させて頂きました。
この度は、御依頼頂き誠にありがとうございました。

ASTONMARTIN DB9 メンテナンス(エンジン・電装システム整備)

DSC01165.jpg
アストンマーティン DB9 メンテナンス(エンジン・電装システム整備)になります。
DSC01163.jpg
各種修理箇所点検へ。
DSC01802.jpg
エンジンチェックランプ点灯の状態。
DSC01803.jpg
アストンマーティン純正テスターにてコンピューター診断、及び実装部品の点検へ。
DSC01808.jpg
点検の結果、イグニッションコイルの複数個所の不良にてコイル全数及びスパークプラグ全数交換へ。
DSC01806.jpg
スパークプラグは並行車両の為、
海外にてプラグのリーチが3ミリ程違うモノが装着されており、本来の規格の物へと新品交換。

DSC01802.jpg
エンジンチェックランプは消灯しエンジンフィーリングも本来のV12エンジンサウンドに。
DSC01164.jpg
キーレス設定、TPMS、ナビゲーション設定、各種点検し、御依頼事項整備完了させて頂きました。
この度は御依頼頂き誠にありがとうございました。

ASTONMARTIN V8 VANTAGE S メンテナンス(ASMシステムクラッチ交換)

DSC01159.jpg
アストンマーティン V8 バンテージ S メンテナンス(ASMシステムクラッチ交換)になります。
DSC01155.jpg
低速時にジャダーが出てしまう状態、現車、診断・点検の結果クラッチ交換の作業施工へ。
DSC01769.jpg
DSC01768.jpg
ASM・トルクチューブ脱着。
DSC01771.jpg
DSC01772.jpg
フライホイール↓・プレッシャープレート↑は焼きが入ってしまっており交換へ。
DSC01770.jpg
DSC01777.jpg
DSC01790.jpg
DSC01780.jpg
DSC01787.jpg
DSC01789.jpg
DSC01791.jpg
DSC01793.jpg
DSC01794.jpg
フライホイール・クラッチレリーズ・ディスク・ベアリング等々、各部品を交換しアストンマーティン純正診断機にて
ASMフルード・MTオイル交換及びクラッチタッチポイント、ストローク各キャリブレーション施工完了。

DSC01159.jpg
不具合のジャダーも解消され、テスト走行においてスムーズなクラッチミートを確認。
施工完了させて頂きました。この度は、御依頼頂き誠にありがとうございました。

ASTONMARTIN DB9 車検(エンジン整備・排気システム整備/リアデファレンシャル整備)

DSC01080.jpg
ASTONMARTIN DB9 車検(エンジン整備・排気システム整備/リアデファレンシャル整備)になります。
DSC01087.jpg
アストンマーティン専用診断機にて各コンピュータ診断及び、各実装部品点検へ。
センサ不良箇所が有り、こちらは交換へ。

DSC01082.jpg
クーラント滲み有。Vバンク間ではなくサーモケースより。こちらはサーモスタットを含み各シール交換へ。
DSC01629.jpg
各油脂類交換。
DSC01635.jpg
DSC01615.jpg
DB9のリアデフ音鳴り対策施工。こちらのフィルタも重要です。クリーニングメンテナンス。
DSC01627.jpg
各足廻り整備。
DSC01080.jpg
他、各整備完了。テスト走行にて、整備後の良好を確認。車検ラインも無事クリア。
オーナー様へは今後の整備プランもお伝えし、整備完了させて頂きました。
整備でお困りの様でしたのでとてもお喜び頂きました。
この度は、御依頼頂き誠にありがとうございました。
次のページ

FC2Ad