FC2ブログ

米自動車 多摩からのモータ日記

ASTONMARTIN VANQUISH メンテナンス(12ヵ月点検、エンジン整備、ドライブトレイン整備、電装品取り外し)

ASTONMARTIN VANQUISH メンテナンス(12ヵ月点検、エンジン整備、ドライブトレイン整備、電装品取り外し)になります。

ED76D0FE-F02B-4C88-B517-B8735E7221AA.jpg
先ずは各部機能チェックを実施。
各灯火廻りのチェックからエアコンなどの快適装備の機能チェックなど行い、
アストンマーティン専用テスタにて各モジュールのコードの読み込み実施し異常がないことを確認していきます。

DSCN0608.jpg

DSCN0609.jpg

DSCN0610.jpg

DSCN0611.jpg
機能チェックをしている際に、タイヤプレッシャーモニターの警告灯の点灯を確認。
調べてみるとホイールについているタイヤプレッシャーセンサーが損傷していました。
VANQUISHは日本ではオプションにてこちらのシステムが導入されているのですが、
今回ご入庫いただいたお車は北米市場向けの日本では珍しい車体であり。
北米では標準で装備されています。
お客様に相談したところ、こちらのシステムは不要とのことでしたので、
タイヤプレッシャー関連部品の取り外しをさせていただきました。
また、ただ取り外すだけでは警告灯が点灯してしまうので、警告灯のキャンセルも行わせていただきました。

DSCN0613.jpg

DSCN0606.jpg

DSC04493.jpg

DSC04363.jpg

DSC04368.jpg

C4CCA6BB-A542-4017-A59F-EFD6A3DC1D39.jpg

DSC04374.jpg
エンジンルーム内の点検をしていきます。
各油脂類の量や状態、クリーナーなどの清掃を行い、交換が必要な場合はお客様へお伝えします。

DSCN0598.jpg

DSCN0599.jpg

DSCN0601.jpg

DSCN0603.jpg
ASMフルードが経年により汚れていましたので、交換とエア抜き作業をさせていただきました。
ASMフルードの交換にはアストンマーティン専用テスタを使用し確実に行います。
交換後はシフトフィールがよくなり気持ちの良く乗っていただけるお車となりました。

DSCN0597.jpg

DSCN0605.jpg

DSC04499.jpg

DSC04500.jpg
エンジンオイル、オイルフィルター、ブレーキフルードの交換をさせていただきました。
オイルフィルターやドレンボルトなどの消耗部品はアストンマーティン純正品を使用しておりますので、
品質もよく、安心していただけるものとなっております。

DSC04358.jpg

DSC04495.jpg
タイヤの製造年が2009年と古かった為、山はありましたが交換をさせていただきました。
タイヤは古くなると、ヒビ割れや硬化を起こしグリップ不足や最悪バーストなどを起こす危険があります。
また、硬化してしまうと、ロードノイズも大きくなり、耳障りなドライブとなってしまいますので、
点検や車検時などには、残量だけでなく、製造年も確認し、必要であれば提案をさせていただいております。

DSC04506.jpg

DSC04507.jpg

DSC04502.jpg

DSC04510.jpg

9120E831-01B2-4660-92A4-C70E3B6C9A4F.jpg
各部を清掃し復元していきます。
カラードのキャリパーやホイールの裏側など、普段お客様では中々掃除できない部分も清掃させていただきます。

ED76D0FE-F02B-4C88-B517-B8735E7221AA.jpg
最後に各部の最終チェックを行い、内装関連部品も取り外していますので、
異音などないかなどもチェックしていきます。
今回はワイパーなど細かい部分も各所リフレッシュをさせていただきましたので、
とても気持ちの良い乗り味のお車となりました。

この度はご依頼いただき誠にありがとうございました。
スポンサーサイト



Jaguar XJ sovereign X308 メンテナンス (エンジン整備)

Jaguar XJ sovereign X308 メンテナンス (異音修理)

8E9F5E73-0D4D-4AF0-9A4E-4C326014BC04.jpg
エンジン掛け始めにのみ異音がするとのご依頼にてご入庫。
一日置いて、エンジンを始動すると"ガタン・ガタン・ガタン"
と、一定のリズムでの異音を確認。
ベルト廻りを観察していると、ベルトテンショナーより異音が出ておりました。
その他のベルト廻りも点検をすると、クランクプーリーのダンパーなども劣化していましたので、
関連する消耗部品も同時に交換をご提案させていただきました。

DSCN0541.jpg
まずは音の原因であるベルトテンショナー本体の交換です。
テンショナー内部が損傷しテンションを保持できない状態になっていました。
また、アイドラプーリーとベルトも予防として交換をさせていただきました。

DSCN0537.jpg

DSCN0538.jpg

DSCN0540.jpg
クランクプーリーのダンパーも劣化によりヒビがありましたので、交換をさせていただきました。
こちらのジャガーのクランクプーリーはキーなどなく、
割りのあるテーパー形状の圧入によりクランクシャフトに取り付けられている為、
取り付けボルトは大きなトルクで締め付けられています。
こちらもきちんと決められたトルクにて締め付けていきます。

DSCN0543.jpg

9F3D49D5-248D-4BCE-8F3A-26D88512112A.jpg
清掃をしながら復元します。

8E9F5E73-0D4D-4AF0-9A4E-4C326014BC04.jpg
最後にエンジンを始動し、異音が出ないことを確認。
各部の締め付けなど、最終チェックを行い異常がないことを確認し、
お客様の元へお車をお返しさせていただきました。

今回は、異常のある箇所以外にも、予防を含めた関連箇所の整備をさせていただきました。
関連した項目となりますと、その都度別々に整備するよりも工賃などもお安くご案内させていただけます。

お車を診させていただく際は大切なお車を長く安心して乗っていただけるような提案を心がけておりますので、
安心してお任せいただければと思います。

この度もご依頼いただき誠にありがとうございました。

ASTON MARTIN DB9 メンテナンス(12ヶ月点検・エンジン整備・ドライブトレイン整備)

ASTON MARTIN DB9 メンテナンス(12ヶ月点検・エンジン整備・ドライブトレイン整備)になります。

1B4C7E61-1913-407E-9F81-5E5DEB0D7BCF.jpg
先ずは各部機能チェックを実施。
アストンマーティン専用テスタにて各モジュールの故障コードの読み取りを行い、
車両をリフトアップし、油脂類の状態や締め付け状態などを確認していきます。

DSC04235.jpg

DSC04237.jpg

DSC04232.jpg

DSC04234.jpg
エンジンルーム内を点検しているとシリンダーブロックのバンクの間から水漏れを確認しました。
アストンマーティンの12気筒エンジンでは、
稀にバンク間のメクラプラグの隙間から冷却水が漏れてしまうことがありますので、
通常ですとメクラプラグの交換をおすすめさせていただいております。

今回は清掃後の漏れてくる量が少なかったこともあり、
お客様と相談し一度漏れ止め剤にて様子をみていただくこととなりました。

DSC04242.jpg

DSC04244.jpg

DSC04262.jpg

DSC04264.jpg

DSC04263.jpg
エンジンオイルの交換をさせていただきました。
DB9などほとんどの12気筒エンジン搭載のアストンマーティンの場合、
左ハンドルのお車の場合はステアリングコラムシャフトがオイルフィルターのすぐ近くを通っているため、
オイルフィルターの交換時にはアクセスする為に、いくつか別の部品の取り外しが必要となり、
中々一筋縄ではいかない内容となります。

DSC04246.jpg

DSC04247.jpg

DSC04249.jpg

DSC04252.jpg

DSC04251.jpg

DSC04253.jpg

DSC04254.jpg

DSC04257.jpg
旋回時にデフより異音が出ていましたので、デフオイルの交換をさせていただきました。
ドレンボルトを取り外すと、ドレンボルトには大量の汚れが付着していましたので清掃をします。
デフオイルの交換時にはオイルストレーナも同時に清掃を行い、
デフオイルにはデフの異音に有効な添加剤を添加をおすすめさせていただきました。
デフオイル交換後には異音もなくなりスムーズな乗り心地となりました。

DSC04268.jpg

DSC04269.jpg
ヘッドライト内のスモールランプバルブ切れとウィンカーバルブの色落ち、
サイドリピーターのレンズの剥がれがありましたので、各部交換をさせていただきました。
DB9も10年以上経過したお車もありますので、経年によりレンズ類の劣化やバルブの色落ちなどあるお車も入庫しますが、
こういった細かい部分がリフレッシュされますと、カチッとした印象のお車となります。

DSC04239.jpg

DSC04240.jpg

DSC04267.jpg

DSC04243.jpg
ブレーキフルードを交換させていただき、足廻りの清掃と給油を実施。
各部を復元していきます。

503A174B-A23A-4163-9457-BEA151923459.jpg

69381A2A-6F5A-4145-980E-E99D14DB7843.jpg
各部最終チェックを行い、アストンマーティン専用テスタにてサービスインターバルのリセットを実施。
お客様の元へお車をお返しさせていただきました。

この度もご依頼いただき誠にありがとうございました。

ASTONMARTIN DB9 メンテナンス(12ヶ月点検・AT整備・ブレーキ整備)

ASTONMARTIN DB9 メンテナンス(12ヶ月点検・AT整備・ブレーキ整備)になります。

0971DAF3-7B23-471B-A6D3-BD2D59AFD1C3.jpg

DSC04221.jpg
先ずは灯火廻りなど各部機能チェックを実施。
アストンマーティン専用テスタにて各モジュールの故障コードを読み取り、
車種やメーカー特有のウィークポイントなども含めてチェックをしていきます。

DSC04187.jpg

DSC04188.jpg
アストンマーティンにも特有のウィークポイントがありますので、
給油口の開閉具合や、グローブボックスのダンパーの状態なども点検し、
問題があれば修理をご提案させていただきます。
今回点検させていただいたお車は特に異常はありませんでした。

DSC04218.jpg
バッテリーの状態を確認。
バッテリーのテスターにより、電圧だけでなく、負荷を掛けた状態での充電状態や内部容量などを測定します。
今回はやや容量が低下していましたので、充電にて対応させていただきました。

DSC04198.jpg

DSC04350.jpg

DSC04202.jpg

DSC04205.jpg
エンジンフードを開け、エンジンルーム内の点検を行います。
その際油脂類の量や状態も確認。
今回はご要望によりオイル交換はしなかったのですが、
エンジンオイル量が少なかった為、補充をさせていただきました。

8107BDA6-4A45-4499-A58D-A07AF5378CA1.jpg

DSC04206.jpg

DSC04210.jpg

84C4279B-7453-4576-A9F0-D28BB3CB4A7A.jpg
車両をリフトアップ。アンダーカバーを取り外し、下廻りの点検を行います。
下廻りでは各部に緩みや腐食。オイルの漏れなどがないかを確認していきます。
アンダーカバー取り外し時に、車両の前側よりオイルの漏れを確認。
調べてみるとATクーラーホース取り付け部よりオイルが漏れていました。
今回は、ホースのバンドを増し締めし清掃を実施。
後日再度診させていただくこととなりました。

DSC04197.jpg

DSC04196.jpg
ブレーキパッドの残量を点検します。
アストンマーティンは4輪全てにパッドの残量が少なくなると警告を点灯させるセンサーが取り付けられているのですが、
一度点灯してしまうと、センサーも交換しなくてはいけない構造となっています。
また、純正パッドは4mm前後から磨剤固定用のピンが出てきてしまいローターを攻撃してしまう為、
向こう1年でこの残量を下回ってしまうと判断した場合には交換をおすすめさせていただいております。

DSC04333.jpg

DSC04344.jpg

DSC04345.jpg

DSC04346.jpg
今回はリアブレーキの残量が少なかった為、
当社オリジナルの低ダストブレーキパッドへ交換をさせていただきました。

弊社では低ダストブレーキパッドの他にも、
ストリートからスポーツ走行でもお使いいただけるスポーツブレーキパッドや
富士スピードウェイの耐久レースにて弊社デモカーのV8 Vantageでも使用しているサーキット用のブレーキパッドなど、
用途に合わせたブレーキパッドを各種ご用意しております。

また、DB9やV8 Vantege以外にもRapideなどにも対応しています。
詳細などにきましては、お気軽にお問合せください。

DSC04332.jpg

DSC04335.jpg

DSC04339.jpg

630DE139-9C28-49C4-85DB-F0D2292AB2E4.jpg
ホイールの裏や、エンジンルーム、下廻りを清掃し車両を復元していきます。

DSC04222.jpg

DSC04219.jpg

DSC04224.jpg
アストンマーティン専用テスタにて故障コードをクリア。
点検時期を知らせるメッセージも点灯していましたので、サービスインターバルのリセットをさせていただきました。

9E1A053C-C744-46CC-A998-7EC1E639F224.jpg
最後に、各部の最終チェックを行いお客様の元へお車をお返しさせていただきました。

この度は、ご依頼いただき誠にありがとうございました。

Land Rover Discovery4 メンテナンス (12ヵ月点検)

Land Rover Discovery4 メンテナンス (12ヵ月点検)になります。

E9DBB2D8-5A1A-4895-8142-CD49BEA35EC6.jpg
先ずは各部機能チェックを実施。
エアサスペンションや灯火類、ウィンドウの作動などに異常がないことを確認。
診断機にて、各モジュールの故障コードの読み取りを行います。

車両をリフトに入れ下廻りに漏れや緩みがないことや、各油脂類の量や汚れ具合を点検していきます。

DSC04316.jpg

DSC04321.jpg

エンジンオイル、オイルフィルターの交換をさせていただきました。
エンジンオイル交換時にはワコーズ社のスーパーフォアビークル シナジーを添加させていただきました。
こちらの添加剤はエンジン内部の洗浄効果と、負荷の掛かる部分への油膜の強化を目的とした添加剤となります。
通常のフラッシング剤と比べ、長時間を掛けてエンジン内部を洗浄することができますので、
しっかりとした洗浄効果が見込めることと、負荷の掛かる部位の油膜が強化されることで、
エンジン内部の保護にもつながり、エンジンのメカノイズも低減することができます。

今回は、ややメカノイズが出ていることもあり、こちらの添加剤を添加させていただいたのですが、
オイル交換後のエンジン始動時からノイズはほぼなくなり、とても静かなエンジンフィールとなりました。

弊社では、通常のフラッシング剤から、今回の様な時間を掛けて内部を洗浄する物など、
お客様のお車の状態に合わせた各油脂類や添加剤をご用意しておりますので、
ご不明な点や、ご要望がございましたらお気軽にご相談ください。

DSC04317.jpg

DSC04320.jpg

DSC04318.jpg
ブレーキフルードの交換をさせていただきました。
ブレーキフルードには吸水性があり、水分の含有量が多くなりますと、
ブレーキラインの腐食やブレーキフルードが熱により沸騰しやすくなってしまい、
ブレーキング性能の低下にも繋がりますので、定期的なメンテナンスが必要です。

04F298AD-2923-4B75-8F9A-1E24CC8B39A4.jpg

FE2E5D23-50E0-4998-B738-BAB402ABFFB8.jpg

DSC04326.jpg

DSC04328.jpg
各作業完了の後、下廻りに漏れなどないことを再度確認し、アンダーカバーを取り付け。
各部を復元しながらエンジンルームやホイールの裏側の清掃を行っていきます。

E29649C9-7789-4B0E-9B18-6B31438BAAC3.jpg
最後に機能チェックを含めた各部の最終チェックを行い、故障コードをクリア。
お客様の元へお車をお返しさせていただきました。

この度もご依頼いただき、誠にありがとうございました。
次のページ