FC2ブログ

米自動車 多摩からのモータ日記

ポルシェ911カレラ 御注文車両 納車前整備

ポルシェ911カレラ 御注文車両納車前整備になります。
016E62E6-4757-40D7-8B3D-4244A8F980DE.jpg
先ずはポルシェ専用テスタにて各モジュールの診断。
装備品の機能チェックとロードテストにて異音の確認などをしていきます。

DSC02699.jpg

A80ED8D8-ED17-4563-9F07-1E8AF23B18FD.jpg

車両をリフトアップし下廻りの締付やオイルの漏れなどがないかを確認します。

402F7CD0-D70A-47FC-BC12-E43DFE1ED3EF.jpg

DSC02716_2019101618480048b.jpg

DSC02708.jpg

DSC02702.jpg

DSC02704_201910161847519b2.jpg

DSC02709.jpg

DSC02712.jpg

DSC02713.jpg

DSC02715.jpg
エンジンオイル・オイルフィルターの交換です。
エンジンフードを開けるとクーリングファンが見えるだけなのですが、
上部からの点検とオイルフィルターの交換の為にはクーリングファンを外して行います。
サンプボルトは樹脂製となっていますので、再使用せず純正の新品へ交換します。

DSC02722_2019101618480569f.jpg

DSC02721.jpg

DSC02720.jpg
ブレーキ廻りの点検の後、ブレーキフルードの交換です。
交換後は清掃しハブ廻りの給油を行い復元していきます。

DSC02723.jpg

16AB5C28-A022-4E85-A6B8-78BD8CCCD5A9.jpg

最後に再度各部のチェックを行い、お車のコンディションを整えお客様へ納車となりました。

これからの季節。紅葉などドライブにはもってこいの季節になりますので、
きちんと整備されたお車で、気持ちよく乗っていただけるお車に仕上がりました。

この度は注文御成約頂き誠にありがとうございました。


☆当社では注文による車両販売を行っております。輸入車・国産・新車・中古車に限らず
お取扱いしています。御予算・御希望の車種、グレードをお申し付け下さい。
御希望に沿ったお車を御提案し、整備をしっかりと行い、オーナー様の元へお届けさせて頂きます。
スポンサーサイト



ASTONMARTIN DB11 メンテナンス(12ヶ月点検)

ASTONMARTIN DB11 メンテナンス(12ヶ月点検)になります。
0B8B78C5-6814-4344-B8B4-BB7CDAA145A1.jpg

84DEBFD2-B622-4391-B601-4B7DC06EBFE0.jpg

DSC02602.jpg
まずはロードテストと各部の機能チェックを実施。
リフトアップし、各部の点検をすすめていきます。
DB11は各部のつくりがより洗練され、整備性もよくなっている印象です。

DSC02596_20191011205126bcb.jpg

DSC02598.jpg

DSC02599.jpg

DSC02601.jpg
エンジンオイル、オイルフィルターの交換です。
DB11の消耗部品もアストンマーティン純正部品にて交換させていただきました。

DSC02595.jpg

DSC02593.jpg

DSC02587.jpg

DSC02591.jpg

DSC02590.jpg
ブレーキフルードの交換です。
交換後は足廻りの清掃や給油を行います。
普段ホイールを外さなくては掃除しにくいホイールの裏側なども清掃させていただきます。

F677FF61-BEE0-41BC-A9D0-59A9C0A9DE4A.jpg

7216F9F3-02AB-413D-8BB0-408630572EC6.jpg

DSC02577_20191011205113df3.jpg

DSC02616.jpg

DSC02613.jpg
エンジンルームを清掃し、エアコンフィルターを交換。
バッテリー容量がやや低下していましたので、充電をさせていただきました。

DSC02578.jpg
DSC02579.jpg
DSC02580.jpg
E24A49DB-2143-4C26-B2A2-0D23E92AC14B.jpg
メーター内に点検時期を知らせるメッセージが出ていましたので、
サービスインターバルのリセットを実施。
再度各機能など完成チェックを行い、お客様へお返しさせていただきました。

この度は御依頼いただき誠にありがとうございました。

ASTONMARTIN V8 VANTAGE メンテナンス(車検整備・シートベルト交換・異音修理)

ASTONMARTIN V8 VANTAGE メンテナンス(車検整備・シートベルト交換・異音修理)になります。
280ED89B-A600-4389-B127-6DE04510AA55.jpg
先ずはライト廻りの確認などの機能チェック。ロードテストを行い各部に異常がないこlとを確認します。
DSC02470.jpg

DSC02472.jpg
アストンマーティン専用テスターにて診断。各モジュールのトラブルコードを読み込みます。
今回は異常なコードの入力はありませんでしたので、すべてのモジュールのコードをクリアさせていただきました。

DSC02459.jpg

DSC02460.jpg

DSC02461.jpg
マフラーバイパスバルブのポンプの作動音が止まらなくなっていましたので状態を確認。
劣化によりホースが裂けてしまい抜けてしまっていましたので、
ダイアフラム手前のホースを、左右共交換させていただきました。

本来でしたら、一定圧でポンプの作動が停止するのですが、リークなどの異常があると、
作動しっぱなしになり、ポンプ自体が故障してしまい、費用も多くかかってしまいますので早めの修理がおすすめです。
点検時には記録簿の内容以外にも、車種特有のポイントも点検させていただいております。

DSC02501.jpg

DSC02500.jpg

DSC02508.jpg
シートベルトのほつれてしまい、巻き取りもスムーズにできない状態になってしまっていました。
バラして内部を確認しましたが、直接安全に関わる部品ですので、シートベルトの交換にて対応させていただきました。

DSC02506_20191008194745a21.jpg
DSC02507.jpg
走行中異音がするとの御用命をいただいていましたのでロードテスト。
右のドア内張りの前側が割れて固定ビスが効かない状態でしたので修理をさせていただきました。

DSC02481.jpg

DSC02480.jpg

DSC02482.jpg

DSC02484.jpg

DSC02485.jpg

DSC02487.jpg
フラッシングトリートメント実施後、オイルを交換させていただきました。
エンジン廻りの交換部品はアストンマーティン純正を使用。
ドライサンプエンジンですので、サンプタンクとエンジンの下側よりオイルを抜き取ります。

DSC02494.jpg

DSC02496.jpg

DSC02497.jpg

DSC02502.jpg

DSC02503.jpg

DSC02505.jpg
各消耗品の点検と交換を実施。
各部リフレッシュされ、気持ちよくのって頂けるお車に仕上がっていきます。

DSC02489.jpg

DSC02490.jpg

FFB8759D-C8C6-430B-8142-4E87AA8334E1.jpg

DSC02464.jpg

DSC02510.jpg
各部を復元し、確認しながら清掃をしていきます。
バッテリー容量がやや低下していましたので、充電をさせていただきました。

DSC02456.jpg

DSC02473.jpg

A859FD37-A27F-4795-A913-F3E2A1E50A8F.jpg
ヘッドライトの向きなどを調整し車検ラインをクリア。
アストンマーティン純正テスタにてサービスメッセージをリセットし、お客様の元へお返しさせていただきました。
この度も御入庫いただき誠にありがとうございました。

メルセデスベンツ E250 W212 メンテナンス(車検整備)

メルセデスベンツ E250 W212 メンテナンス(車検整備)になります。
B05E5AAC-5C24-4345-A86C-12CA064980C6.jpg
先ずはロードテストと各部機能チェックを実施。
灯火廻りやサンルーフなど、記録簿の項目以外にも普段使用する機能の確認を行います。
その後、メルセデスベンツ純正テスタにて診断。
各モジュールの故障コードの読み取り、内部的な故障の有無も確認させていただきました。

DSC02565.jpg

DSC02561.jpg

DSC02566.jpg
エンジンオイルの交換をさせていただきました。
車検時のオイル交換前にはウルト社の"フラッシングオイルトリートメント"をおすすめしています。
こちらを交換前のオイルに添加することでエンジン内部を洗浄・保護することができます。
車検以外のオイル交換のみでのご入庫でも承れますので、お気軽にご相談ください。
尚、フラッシングオイルトリートメントを行った時はエンジン内部の落ちた汚れが循環しますので、
必ずオイルフィルターの交換がセットとなります。

DSC02569_201910011903461d1.jpg
こちらは弊社の車検時におすすめさせていただいている
ワコーズ社の"クーラントブースター"になります。
こちらを定期的に冷却水に補充することで、経年で失われる成分を補うことができ。
冷却水の交換サイクルを伸ばすことができます。

DSC02571_201910011903493e5.jpg

DSC02570.jpg
ブレーキ・ハブ廻りの清掃と給油を行い。
ブレーキフルードを交換させていただきました。
ブレーキフルードには吸水性があり、走行距離に関係なく劣化しますので、
2年(車検)ごとに交換するのが一般的です。

DSC02574.jpg

DSC02575.jpg
バッテリーの状態を確認し、充電が必要な状態でしたので、
お返し前に充電をさせていただきました。

92745C75-E3CA-4C21-B9FD-C54041DA4B47.jpg

114DE2EA-15F0-4ED0-AAF8-A4977B136EC0.jpg
ライト廻りの調整などを行い、車検の検査に合格。
最後に完成チェックと各部の清掃を行いお客様の元へお返ししました。

この度も御入庫いただき誠にありがとうございました。

ASTONMARTIN V12 Vantage メンテナンス(エンジンオイル交換)

ASTONMARTIN V12 Vantage メンテナンス(エンジンオイル交換)になります。
1C6E32E8-B5A4-4F69-ADD5-FBF46DAD8129.jpg
車両をリフトに入れ、エンジンオイルの量と状態を確認。
ライト廻りの点検など簡単な機能チェックも行います。

DSC02546.jpg

DSC02545.jpg
車両をリフトアップした後、カバー類を取り外し
オイル漏れなどの異常がないことを確認していきます。

DSC02534.jpg
DSC02536.jpg
エンジンオイルを抜き取りドレンボルトを交換します。
ドレンボルトはパッキン一体式の純正品を使用します。

DSC02538.jpg
DSC02539.jpg
DSC02541.jpg
DSC02544.jpg
DSC02543.jpg
オイルフィルターを取り外しますが、アストンマーティンの12気筒エンジンの中で
唯一オイルフィルターの取付方法が違うのが、このV12 Vantageになります。
オイルフィルターが上向きに取り付けられており、ネジ式のブリーダーが取り付けられていますので、
ホースなどを使うことで車両を汚さずにオイルフィルターの交換が可能でとても親切なつくりになっています。
しかし、取付位置が入り組んでおり、なおかつスロットルボディーの真下になりますので、
スロットルボディーを取り外しての交換が必要になります。
尚、V12 VantageSになりますと、ほかの12気筒エンジンと同じ取付方法になっております。

DSC02557.jpg

DSC02555.jpg
アストンマーティン純正テスタにて各モジュールのチェックをさせていただきました。
エンジンコントロールユニットに吸気系に関する故障コードが入っていましたので、
お客様へ内容を説明させていただきました。

DSC02554.jpg
AA8EED1B-9BD2-440A-8CDB-2B6FF0DC26D4.jpg
0F2034E3-5796-41D4-95D8-9322A615BD6C.jpg
バッテリーのコンディションを整え、各部を清掃。
お客様の元へお返しさせていただきました。
この度は、ご入庫いただき、誠にありがとうございました。
次のページ